KAVALAN King Car Conductor - カバラン キング カー コンダクター

  • 2017.12.02 Saturday
  • 14:00

昨夜は団体様がご来店で忙しくて箱を開ける暇すらなく、店を閉めてやっと開封。嬉しくてfacebookに画像だけアップしていました。

KAVALN King Car Conductor(指揮者)

カバランのウイスキーにはクラシック音楽にまつわる名前が付けられています。

 

パッケージも高級感がありとても良い感じです。ウイスキー蒸溜所としては後発であり、しかもアジア圏というウイスキーとしてはサードワールドと呼ばれても否定できない状況にありながら、ハイクオリティーな商品と卓越したマーケティングでここまで高いブランディングに成功した企業はウイスキー以外の業界でもなかなか他に類を見ないでしょう。

 

ConductorはKAVALAN Seriesに属するボトル。公式HPには親会社の台湾コングロマリットKing Carの名前を初めて冠したボトルうんぬんと書かれていますが、詳細なスペック等は分かりません。

ちなみにKing Car(金車)は台湾の大企業で、広くはMr.Brownというブランド名の缶コーヒーで台湾内では誰でも知っている企業です。昨年の訪台湾では飲んでないや・・・。

 

 

カバランのラインナップは大きく2つに分かれています。

 

・KAVALAN Series

蒸溜所のキャラクターを表現するスタンダードシリーズ。40%〜46%に加水調整されています。

Classic, Concertmaster, Conductorの3グレードと、バーボン樽熟成、シェリー樽熟成、バーボン&シェリー樽熟成(Podium)の3タイプがあります。

先日の琵琶湖ウイスキークルーズでClassicとConcertmaster(だったと思う)を比較試飲したのですが、まあ環境も環境なので違いがイマイチよく分かりませんでした。覚えているのは「どっちも凄く美味いなぁ〜!」ってことです。機会があればズラッと並べてじっくり比較してみたいですね。

 

・Solist Series

ありとあらゆる樽でフィニッシュを掛けた豊富なラインナップで先鋭的かつチャレンジ精神に溢れる、鮮烈で華々しいデビューを飾ったカバランらしさを具現化したラインナップ。

カスクストレングスでボトリングされており、同じラベルでもロットごとに度数も内容も微妙に違うワンオフボトル。数年前からSolistもラベルが2種類あり、同シリーズ内でもかなりの価格差があります。

 

その他にも蒸溜所のみで購入できるDistillery Seriesというものがあります。同型ボトルはたまにイベント限定やら記念ボトルとして限定で供給されています。当店でもウイスキー文化研究所が販売していたピーティーなボトルを春ぐらいに買いましたが一瞬で売り切れました。だって美味いんだもの。

 

詳細は公式HPでご確認ください。

KAVALAN Distillery

 

 

南国フルーツの様な芳醇でエキゾチックな香り、フルボディでパワフルなカバランウイスキー。

今年もIWSCでDistillery of the yearを受賞して、さらに勢いを増しています。ウイスキー好きなら要チェックですよ。

 

次回もさらに今回入荷した別のボトルをご紹介します。

 

予測不可能な人生のスタートライン

  • 2017.11.07 Tuesday
  • 13:24

時々、

「息子さん、何やってんの?」

とお客さんに尋ねられます。

 

過去数回、大学受験に失敗して思いっきり平凡無難な人生のレールを踏み外した息子の動向を記事にしてきました。

 

準備編 フィリピン語学留学

   留学 途中経過

   留学 途中経過

 

英語 実践訓練 バックパッカー旅

英語 実践訓練 バックパッカー旅

 

そして今年の6月から、いよいよフィリピンのマニラへ旅立ちました。

2ヶ月の専門英語の勉強の後、8月からFar Eastern Universityにて学業に勤しんでいます。

 

 

海外の大学進学というのはなかなか大変でして、欧米の先進国や一部先進アジア都市だと大金がかかるし、そもそも優秀な人間でなければ入学できません。仮に無事卒業できても所詮は移民扱い。よほど優秀(特に求められるのは理系)でなければアドバンテージはありません。

 

発展途上国は入学したとして、たとえ授業は英語でも生活は現地語という問題があります。そもそもマレーシア、インドネシア、タイなどの国々はすでにグローバル化が進んでいて、やはり優秀でなければ旨味は少ないでしょう。

 

・言葉は授業はもちろん、生活も英語が主体

・学費、生活費が安い

・息子の学業レベルでも対応可能

・これからの発展が期待できる

 

諸々の条件を考慮した末、ベストにして唯一の選択肢がフィリピンでした。実際は語学留学から帰ってきてすぐにフィリピン大学留学を目標にしており、それに向けて1年掛けて準備をしたという感じです。

 

今でもフィリピンは大学出ても就職は厳しいとか給料は安いという話は聞きますが、向こう数十年の経済成長率世界No.1という予測を信じて賭けに出たのです。少なくとも日本の三流大学でダラダラ時間を過ごすよりは何か得るものがあると信じています。

 

理想は欧州なみの雇用条件でアメリカ並みの給料ですが、フィリピンに進出したい日本企業で働くとか、フィリピン以外でもアジアの成長企業に就職するのも良いかもしれません。少なくとも日本の三流大学でダラダラ時間を過ごすよりは選択できる可能性は上がったはずです。

 

最悪、どうにもこうにもならなければ帰国してうちの店を継いでくれれば結構。息子は人当たりも良いし、少なくとも飯は食えるでしょう。その時は僕はオーナーからアルバイトに退いて週3日だけ働くつもりです。

 

 

そんなこんなで1年数ヶ月、紆余曲折ありながらも行動力と環境適応能力は並外れた能力を持つ息子の頑張りもあって、やっとスタートラインに立つことが出来ました。

住居が決まり無事入学が済むと、今度は次の不安がよぎります。

「ちゃんと周りに慣れて学業、生活を楽しめてるんだろうか?」

親としては気掛かりです。

 

9月に送られてきた画像は、

うん、大丈夫そうです。てか、馴染み方半端ねーな!大したもんです。楽しいのは何より。

 

 

ただ唯一の誤算は思いのほか、と言うか予想どおり生活費がなかなか高いことです。

フィリピンが安いと言っても生活するのはマニラ中心の大都会です。岡山でなく東京と比べなければなりません。

世界中から流れてくるビジネス・マネーを受け入れるために高層ビルがそびえ建ち、日々豊かになって高まる消費欲に応えるためにショッピングモールが乱立。今のマニラは発展を続けるアジアの都市そのものです。

しかし、ここからほんの数キロ離れたスラムでは1日わずか数ドルで家族で暮らしていたりしています。貧富の差が激しいので一言で「フィリピンは物価が安い」と言うのは無理があります。これはアジア諸国に渡航経験のある方にはご理解いただけるでしょう。そして貧富の差が激しいということは、これからの経済成長に伸びしろが多いということでもあります。

 

マンションは治安への不安もありセキュリティーのしっかりとしたところを選び家賃約40,000円。25年前に父が福岡で借りた独房みたいな狭いワンルームより高いです(息子の所にはエントランスにコンシェルジュ、プールとジムも付いていますが)。

 

フィリピンで大学まで進学する同級生は皆金持ちが多く、たまにfacebookで見る友達の自宅はゴッツイそうで日本人である息子が一番金が無いという状態なのだそうです。学校帰りにスタバ行こうよと誘われても高いからちょっと困ってしまうのだとか(スタバの価格は日本とほぼ同じ)。富裕層の生活費は日本人と変わらないということです。なんなら外食、買い物は同じぐらいで家や車は豪邸や高級車だから我が家よりよほど裕福でしょう。4年後の経済成長に掛けてみたものの、4年間のインフレに我が家の資金が追いついていけるか不安な状態です。

しかしながら今までの人間教育の賜物ので、節約と健康を考慮してなるべく外食は控え出来るだけ自炊に勤しんでくれているそうです。

 

 

親としてはとりあえずやっとスタートした息子の人生をバックアップするためにも稼がなければいけません。ということ出来るだけ頻繁にご来店いただいて、高い酒をいっぱい飲んでください。よろしくお願いします。

 

洗車が苦手でもKURE LOOXなら全て解決

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 12:09

テーマ:洗車

 

台風一過、秋晴れの気持ちの良い日が続いています。天気が良いと車で何処かに行きたくなりますよね。

緑に映えるピカピカの愛車、惚れ惚れします。

 

しかしです。しかしですよ。

生来、合理主義な自分は洗車なんてものは無意味だと思っていました。車なんて屋外に置いて屋外を走るものです。埃が舞ったり雨が降ったり汚れて当然です。それを汚れるたびにセコセコ洗車するなんて賽の河原で石積んで鬼に崩されるのと一緒じゃないかと。数ヶ月に一度、洗車機に突っ込んで拭き上げて終了。その後、もちろん車は綺麗な方が良いのは百も承知ですが、段々と汚れていっても見て見ないふり、というカーライフを送っていました。苦労に見合った結果が得られないから諦めていた状態です。

 

そんな愛車も購入からすでに8年が過ぎ走行距離も9万kmに迫り、ヘッドライトの曇りが気になってきました。

ヘッドライトの曇りの取り方を色々と調べてみると一番簡単そうだったのがKUREのLOOX。そう、もう数十年も前から「錆びて動きが悪けりゃKURE 5-56吹いとけ」でお馴染みの呉工業の製品です。

 

 

LOOXはコンパウンドとワックスが一緒になった表面仕上げ剤で、これ一本で定着した汚れ落としとワクシングが同時に行なえます。小さい小キズ程度ならあっさりと消えちゃいます。

 

ヘッドライトの曇りは

このとおりクリアにキラッキラ!

 

ヘッドライトが曇っていると途端に車がオンボロく見えちゃいますからね。ココ重要。指紋ベタベタだったり湯気で曇った眼鏡の人を見たときみたいにみすぼらしく感じてしまいます。

車を綺麗に見せるならホイール、ガラス、ヘッドライトの3点は常にピッカピカが重要です。

 

もともと表面仕上げ剤なのでヘッドライトだけでなくボディーにもガラスにもメッキパーツにも使えます。

ボンネットには空が綺麗に映り込み、

メッキパーツも鏡のようにキラッキラ!


表面はキャンディーコートのように照りのある艶に仕上がりとっても綺麗です。

LOOX後、雨の中を何度か走行しても埃はほとんど残らず、齢70歳の車に全く興味のない母親にも

「なんか今日は車が綺麗じゃな」

と言わせるほどのピカピカ効果がありました。いくつになっても母親に褒められると嬉しいものです。

 

車だけでなく、もちろんバイクや自転車にも使えます。カヤックとかにも良いかと思われます。撥水効果と汚れの付着回避効果が凄いので、家の窓とかにLOOXも良いでしょう。僕は風呂の鏡にもLOOXしました。

 

 

用意するのは、

・スポンジ

・マイクロファイバータオル

以上。僕はマイクロファイバーのミトンとタオルの二段階仕上げで行います。

LOOXはスプレー式なので、ボディーに直接吹くか細かい箇所ならスポンジに吹いてから伸ばすか使い分けてください。コツも何も難しいことはありません。スポンジで伸ばしてタオルで拭くだけです。面倒臭がりの僕でもあっという間に作業終了。

 

最初の洗車は手洗いでも良いですし、面倒臭がりの僕は近所のガソリンスタンドの洗車機にぶち込んで乾拭きだけ済ませて帰宅して自宅でLOOXします。

 

 

オフィシャル動画が深夜の通販番組並みに胡散臭いですが、前述したとおりケミカル剤業界では実績のある超有名企業です。

 

そしでさらに性能をアップしたDXもあります。

 

DXはスポンジとタオルが付属するので買うならコチラですかね。僕も次回はDX買います。

 

 

秋の行楽シーズン、LOOXで愛車をピカピカにしてお出かけしてください。

面倒臭がりの僕が言うんだからホントお薦めです。

 


Selected Entry



マスター推薦 酒の本





Archive


Profile



Link


Search