緊急事態! 右肩が痛くてシェーカーが振りづらいです

  • 2020.10.08 Thursday
  • 00:07

火曜日はあまりにも肩が痛いのでお店を早仕舞いしました。

右の肩甲骨の辺りが炎症を起こしているらしく、今はロキソニンを飲んで痛みを抑えている状態です。

「バーテンダーの仕事」と聞いて多くの方が一番にご想像するとおり、バーテンダーは高速でシェーカーを振ります。シェーキングには

〆ざりにくい材料を素早く混ぜる

空気を含ませることにより口当たりをまろやかにする

という目的があります。

氷が砕けると早く溶けて水っぽくなってしまうため、手首のスナップを利かせて氷をシェーカーの底に直線的に当てないようにするのがコツです。

 

すなわち、すべての作業は素早く、液体と氷を高速で攪拌して空気を含ませ、尚且つ氷は砕かない、という絶妙なバランスでカクテルを仕上げるのがシェーキングの技術なのです。これを毎日々々数十回繰り返していると肩にとても大きな負担が掛かります。

 

しかしながら僕の場合、1週間でシェーカー振るのはだいたい5回ぐらいなので、肩の痛みはシェーキングが原因ではありません。はい、釣りの行き過ぎです。

 

7月の終わりに新しいカヤックを買って以来、毎週1,2回は出廷しています。一番よく出廷していた3〜4年前はハイシーズンになると仕事があろうが週2,3回行っていたので年間で40回以上は出廷していました。そんなハイペースでカヤックフィッシングしているアホはそうそういません。社会人としての自覚が無さ過ぎです。

 

日本海でカヤックジギング、瀬戸内海でカヤックタイラバ、メインは穴撃ちカヤックシーバスです。このメインのカヤックシーバスが家からポイントまで車で10分というのが厄介で、気軽すぎて暇があったら出撃してしまいます。

新艇はAquaglide Blackfoot Angler 125HB。ロッドホルダーに魚探も付けてフル装備で出廷です。

 

出廷場所からポイントまでえっちらおっちらパドルを漕ぎます。流れや風が強い日は地獄です。超近距離戦なのでキャスト回数は1日数百回を超え、しかもキャストはすべてシングルハンドのサイドキャスト。状況によっては無理な姿勢でのキャストも必要です。シーバスがヒットすればロッドを持った右手でやり取りしながら左手だけでパドルをもって姿勢制御したりします。1日カヤックフィッシングをすると肩と腕への負担はえげつないです。こんな感じ。

流れが強くて橋脚に吸い込まれそうなときは右手にロッド左手にパドルなので足で橋脚蹴ったりもします。なんとも忙しい釣りです。

 

3〜4年前は楽勝だったのに年を取ると体も壊れやするなるしダーメジが回復しませんね。というわけで今週いっぱいはシェーキングのキレが悪いかもしれませんがご了承ください。まあ台風だから暇かな?

 

 

 

穴撃ちカヤックシーバスのロッドなら(日本にやってる奴、何人いるんだか)こいつがお勧めです。6ftを切る短さでカヤックの上でも扱いやすく、ロッド全体がよくしなりパワーもあります。僕は2ピースを使っていますが、4ピースなら海外怪魚釣り遠征にも最適です。

 

コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search