今こそチャンス(かもしれない)

  • 2020.03.10 Tuesday
  • 22:03

コロナ、コロナで世の中大騒ぎです。

 

旅行関係、スポーツジムなどは相当なダメージを受けているそうです。夜の街ももちろん活気がなく、居酒屋ではキャンセルが相次いでいます。もちろんバーも影響を受けています。2002年の開業以来、こんなに深刻な状況は初めてです。毎日がクリスマスイブみたい。今、ご来店いただければ最上級のサービスをご提供します。暇なんで。

 

2008年のリーマン・ショックの時は投資家は資産が半分吹き飛び、大企業は深刻な経営状況に陥ったものの、中小企業や被雇用者の大半はあまり実感すらなかった。

 

2011年の東日本大震災の時は自粛ムードが蔓延していたものの、実害を受けていない人の経済活動が止まることはなかった。

 

しかし今回は今のところ得体がしれないウイルスが相手ということで世界中のほとんどの人に大なり小なりの不安を与えているため、影響を受ける人の母数が莫大なのでたちが悪い。


 

コロナウイルスというと何かとんでもなく怖いものに聞こえますが、いわゆる風邪の原因になるウイルスの1種です。だからCOVID「19」って2019年型って名前がついたのです。日本人には「新型かぜ症候群」の方がわかりやすいと思うのですが。

 

諸外国に比べて日本で感染拡大が比較的緩やかなのは、政府の素早い対応も効果があったでのかもしれませんが、毎年「インフルエンザ怖い」で日頃からマスクしたり、手洗い・うがいを行っているからでしょう。風邪もインフルエンザも予防方法は一緒ですから。

 

今のところ致死率は3〜4%ぐらいでそれも高齢者に集中していて、大半の人は回復しているということは人間の抗体で対処できるということだし、

「日頃からよく食べてよく寝て健康に気を配る」

「かかったら安静、水分補給、栄養補給をしっかりして病院で対処療法」

ぐらいに落ち着くのではないかと想像します。

 

「ただのウイルス性の風邪の1種」と各国政府が判断し、国民が自粛にも飽きたら街角景気は戻るでしょうか。はよ戻ってくれ。


 

正直、実際にCOVID19で死ぬより、経済活動が止まってしまっていることで経済的に困窮して自殺する人のほうが多くなるのじゃないかと心配です。

 

店のお客さんの少なさもさることながら、自分の投資資金を全部株に換えたフルアクセル状態で2月最終週の下げをまともに喰らったので2月末はダブルで大変でした。その翌週、過去の経験から一気に下げた時は一旦戻すと予想し、跳ね返った3月3日に持ち株の2/3を売却。後で知ったのですがウォール街にも「Dead Cat Bounce」という格言があるそうです。つまり「死んだ猫でも高いところから落とせば跳ね返る」ということです。

 

おかげで被害は軽減できたのですが、せっかくの2月の利益が吹き飛びました。しかしコロナ騒ぎ以前のアメリカの経済指標はどの数字を見ても好調だし、まだバブルと言うには遠い状態です。コロナ騒ぎの影響を考慮しつつ、これから数カ月かけて様子を見ながら買い戻していく予定です。

 

「リーマン・ショック級の」(とはならないと思うが)とか、火に油を注ぐのが仕事のくだらないテレビの報道バラエティまで話題にしているということは、リーマン・ショック級の買いどきです。リーマン・ショックは嘘で塗り固めたサブプライムローンの化けの皮が剥がれたため、経済の柱が根本からポッキリ折れたので世界経済は一大事でしたが、今回は個人や一部の業界は大騒ぎですが大企業はほぼノーダメージです。株価が下げた理由が全く違います。おそらくリバウンドもとんでもなく早いはず。

 

色々な銘柄が20%オフのバーゲンセール中。まあこれから30%、40%オフになるのかは神のみぞ知るですが。

S&P500のチャートでも見ながら将来設計を考えてみてはいかがでしょうか?

僕は昨日の底でちょっとだけ買い戻しして、新しくZoom Video Communications(ZM)を買いました。いわゆるテレワークですね。今回の騒ぎでテレワークが普及して朝の渋滞が緩和されれば、釣りに行く時にストレスが減って助かるのですが。

 

家にいる時間が長くなり、パソコンで仕事して、暇つぶしにYoutubeやNETFLIX、ディズニーチャンネル見て。買い物行くのもコロナ怖いからAmazonで注文。

 

どこの企業の株を買えばよいかお分かりですよね?

ただし投資はあくまで自己責任で。

 

コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search