山崎55年が発売されるそうです

  • 2020.01.31 Friday
  • 01:19

国産ウイスキー業界でビッグニュースが出ました。サントリーが山崎55年を限定発売するそうです。僕はちょっと穿った見方をしているのでそのあたりの話もあとで。

 

・日本国内限定100本の販売で価格は300万円(税別)

・サントリーとしては過去最高酒齢

・予約受付は2月5日からで抽選販売

だそうです。

 

「ウイスキーが一本300万円?!そんなの飲む人いるの?」

と思う方も多いでしょうが、僕は今回の価格設定、しかも日本国内のみの販売となると激安だと思います。100件の予約なんて2,3秒で達すると思います。抽選倍率は相当な倍率でしょう。

 

世の中には、

「知り合いの名前借りてたくさん応募したら2本買えたから1本は友達集めて飲んじゃおっと。300万円のウイスキーなんてネタとして面白いじゃん。めっちゃ映えるし。残り1本はなんか買いたい物があるときにでも売ろうかな」

というお金持ちもいるでしょう。僕の周りにはいないですけど。いたら飲むとき呼んでくれ。

 

もちろん僕なんて庶民ですから飲むとなると300万円なんて口が腫れてとても飲めないです。飲むには高いですが投機として見るなら激安だということです。

 

例えばユニクロの株を買おうとしたら今日の終値で1単元5,864,000円必要なわけです(単元未満で買える証券会社もあるんですけどね)。それに比べれば全然安いし、将来間違いなく値上がりするはずです。こんなイージーな投機はありません。

 

現状のウイスキーブームが続くと仮定すれば、買った瞬間に転売相場は500万円〜700万円、10年後には1000万円〜1500万円、30年後にはおそらく2000万円以上の値がつくのではないでしょうか。あくまで僕の予想ですよ。

 

僕もとりあえず応募だけはしてみるつもりです。でもホントに当たったらどうしよう?300万円、いや税込みで330万円か……、現金かき集めて、銀行の貸し金庫借りて15年ぐらい預けとこうかなぁ?でも15年後にどこに売りに出せばいいの?


 

ここからはひねくれ者の僕の想像です。

転売対策を施すとはいえ、サントリーとしても100本のうち相当数が転売されることは承知の上での販売だと思います。アフターマーケットで価格が上がるということはブランドの証です。マッカランやフェラーリ、ロレックス、エルメスの仲間入りです。ブランドイメージが構築されれば今後の商売が非常にやりやすくなります。強気な価格設定でも消費者は買ってくれますから。100本売って3億円なんてサントリーホールディングスとしては微々たる金額(伊右衛門180万本相当)ですが、ウイスキー部門にとってはブランドを確立する大事な転機になるかもしれません。

 

物は出来るだけ高く売るのが商売の基本です。それを可能にするためにはブランド力が必要です。アップルが良い例ですね。そんなことは分かっていても出来ないからみんな苦労しているわけです。当店なんて18年間頑張ってもブランド力なんて鼻毛の先ほども構築できていません。ブランディングってほんと難しい。

 

今後、興味深いのがライバルのニッカウヰスキーの出方です。僕みたいな一介の飲み屋のオッサンが偉そうに言うのもおこがましいですが、ニッカってここらへんのブランディング戦略が昔から下手なんですよね。生み出す商品は素晴らしく、輝かしい受賞歴を誇るのに何回もチャンスを逃している気がします。


 

もちろん10年後20年後の世界が経済成長を続けているかなんて分からないですし、ましてや今のウイスキーブームが続いてるかなんてもっと分かりません。「お前のブログ見て買ったら大損したじゃないか!」って怒鳴り込んで来ないでくださいね。昨日の記事でも他人の話なんて信用するなって書いてるでしょ。

投資はあくまで自己責任で。

 

 

「なぜ今、高級ウイスキーが2億円で売れるのか」凄い見出しですね。

 

コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search