年末セール開催のお知らせとクリスマスの豆知識

  • 2019.12.26 Thursday
  • 10:57

今年もクリスマスが終わりました。予想どおり今年も暇でした。

「え〜?クリスマスなんてカップルだらけで忙しいんじゃないの?」

と、しばしばおじさん、おばさんに尋ねられますが、論理的にご説明しましょう。

 

そもそも我ら団塊ジュニア世代に比べて現在の10代〜20代の人口は約半分です。これだけでマーケット規模は半分に縮小。さらに直近の調査によると彼氏がいない女性の割合は約60%、彼女がいない男性の割合は約70%という状況。これは1990年ぐらいに比べておよそ1.5倍に増加しています。

つまり、アホみたいにメディアに踊らされて、クリスマスまでに必死こいて妥協してでも恋人作って、フレンチ食って、バー行ってシャンパン飲んで、ティファニーのネックレスをプレゼントして、シティホテルをラブホテルのごとくお泊りしてせっせと腰振ってた時代から、クリスマスのマーケット規模はわずか35%程度までに縮小しています。

 

さらにライフスタイルの変化でクリスマスの過ごし方は?というアンケートでは半分以上のカップルが「家でまったり」と回答しています。これはすでに10年以上前から変わっていません。

 

夜の飲食業の一番のボリュームゾーンである30〜50代で子供がいる家庭のお父さん、お母さんは、当然、予約したケーキを受け取って足早に帰宅します。お客さんの世代が丸かぶりの当店としてはこれが一番の原因。

 

結果、クリスマスの夜に街にはファミリー向けの店と一部の洒落たレストランを除き、ぜんぜん人がいなくなったわけです。ちょっと考えてみれば当然のことです。20〜30年前は若者が多くて、踊らせれば踊らせるほど儲かったから様々な企業やメディアが異文化であるクリスマスを形を変えてでも一生懸命盛り上げていただけで、今は若者が少なくて単純に儲からないから企業がわざわざやらないだけです。それに今の若者は賢いので作られたブームではなかなか踊ってくれません。クリスマスセールだのクリスマス特別ホニャララとか儲かっているように見えないものばかりでしょ?儲け主義のクリスマスはすでにオワコンというのは経済的視点で簡単に説明ができます。だから逆に、経済的に余裕が出来つつあり、かつ若者が多いフィリピンやカンボジア、若者比率は低いけどそもそも母数が多い中国なんかではクリスマスやバレンタインデーが盛り上がっています。企業が儲かるから。

 

ただ日本でも子供にとってのクリスマスはいつまでもあり続けるでしょうね。プレゼントもらって子供も嬉しいし、その笑顔を見ている親も嬉しいですから。年に一回ぐらいそんな1日があってもWin-WInで良いと思います。どのみち溜まったAmazonポイントや楽天ポイントで子供のプレゼントぐらいノーコストで用意できますから。

 

ちなみにクリスマスとは現在で言うと24日の日没から25日の日没までの間です。よく誤解されていますが、クリスマスイブはクリスマスの前夜ではないし、25日の夜はクリスマスは終ってます。これはもともとユダヤ暦では日没が1日の区切りであるため、24日の日が暮れたらクリスマスの日が始まり夜の間はクリスマスイブで、25日の日が暮れたらクリスマスの日は終了です。これ豆ね。

 

 

 

本日26日(木)から30日までの5日間、年末セールを開催します。

ウイスキーをダブルで飲んだらお得になります。

対象はグレンフィディック12年、グリンリベット12年、ボウモア12年、ラフロイグ10年の4種類

1杯に付き¥200オフです。

 

例えばグレンフィディック12年をダブルで注文すると

 

通常¥800x2で¥1600 からの¥200オフで¥1400

 

となります。

 

今年の仕事も終わるし、この機会に人気ウイスキーを思う存分飲んでください。

よろしくお願いします。

 

コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search