ベンリアック オーセンティカス 25年

  • 2019.12.11 Wednesday
  • 02:39

先週、常連のTさんが「来週はボーナス出るので25年祭りをやります!」と高らかに宣言されました。

ただTさんは気遣いのある方なので、口開けは遠慮されてしまいます(そんな遠慮は要らんのですが)。なのでベンリアック オーセンティカス 25年は僕自ら口開けしておきました。

貴重品なので仕事終わってから久々のガチンコ テイスティングです。

 

 

香り

鼻腔をサクサクとくすぐるように刺激する強すぎない穏やかなピート。新築のログハウスを訪れたような爽やかな木の香り。ドライオレンジ、レーズン、杏、カカオのような濃厚な甘さは時間経過とともにより強くなり、長期熟成のウイスキー特有の艷やかで色っぽいグレープフルーツの香りが徐々にくっきりと浮かび上がってくる。

 

ボディーはミディアムだが味わいは濃厚でホット。とてもスパイシー。

 

フィニッシュ

心地よく穏やかにフェードアウト。

 

総括

もともと伝統的であるスペイサイド+ピートという製法の再現は他の蒸溜所も色々と試みているが、25年という長期熟成原酒にピートという組み合わせは大変貴重で興味深い。やや没個性とも言えるベンリアックを足し算理論でバランス良く豊かで、美しも楽しみ深い一本に仕上げている。

  

プロのテイスティングもリンクしておきます。

Whisky Magazine - ベンリアック オーセンティカス 25年

 

 

2016年に2億8500万ポンド(約400億円)でベンリアックをブラウンフォーマンに売却して、すぐ2017年にグレンアラヒーを買収したことで話題の、策士、仕掛け人、アイデアマンのビリー・ウォーカーが手掛けたボトル。ご興味ある方は今のうちにどうぞ。

 

コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search