宮下酒造 岡山蒸溜所 & 独歩館に行ってきた

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 13:11

岡山発のウイスキー蒸溜所、宮下酒造に行ってきました。

行こう行こうと思いながら、何かと忙しい身でやっと訪れることが出来ました。

訪れた日は祝日で蒸留作業は休業中だったので、食後に簡単に見学させていただくことになりました。

 

 

まずは食事前に念願の岡山ウイスキーを試飲。

¥2000/グラスでシングル半(45ml)ぐらい入っていたのでお得です。

原料は岡山県産二条大麦をメインに色々ブレンドされているそうです。

スモーキーな麦芽はさすがにイギリスからの輸入品を使用しているのかと思ったら、麦芽自体の香りを嗅いだ限りではピートスモークと言うより甘い燻製香がしたので国産麦を使って国内生産なのかも?詳細は不明。

 

岡山ウイスキーはハッキリとした特徴的な白檀のような香り。これはミズナラ樽に由来するものです。嗅覚に覚えがあれば直ぐに気がつくほどシッカリと香り付いています。後ほど熟成庫を見て「ヤッパリ正解」と確認。我ながらナイス鼻。

その他にも甘い香りは麦芽由来の香りと、桃っぽいフルーティーな香りを感じた気が・・・?僕の鼻が「岡山発」という情報で脳内補正されているかもしれません。

ぜひ実際飲んで確認してください。

まだ若いながらも、ボディはシッカリとしていて素養は良い印象。ハウスキャラクターはシングルモルトスコッチに例えるなら東ハイランド方面っぽい感じでしょうか。

 

 

 

レストラン「酒星之耀(しゅせいのかがやき)」でのお食事は

豚煮込み独歩丼ぶり。ビール煮込みで味わいが強く美味しくいただけました。

嫁は9つ旬菜プレートランチ。県内外、季節の美味しい小鉢が種が色々楽しめてコスパ高いメニューです。ランチならイチオシですね。

汁物は酒造元らしく、どちらにも綺麗な出汁の粕汁がついてきて、これも美味!

愛娘は本日のパスタ。すぐ後ろには蒸留機。雰囲気も開放的で良い感じです。

ビールもタップで8種類ほど用意されていて新鮮なドラフトビールが楽しめます。

次回は色々なビールに合わせてつまみメニュー食べながらビアパーティーしたいですね〜!

 

 

 

食後は蒸溜所内を見学。

 

逆光で見にくいですが、蒸留機はマイクロディティラリーらしく特殊な構成です。

ドイツ製で初留が単式&後留が連続式(ビアスチルなのか?)の組み合わせ。これでジンの蒸留も行っています。

 

熟成庫は(写真撮り忘れた)寝かされているのは20樽ほどとまだまだ少ないですが、ほとんどがホッグスヘッドでブランデー樽、ミズナラ樽、さらに鏡板だけだと思うのですが桜と栗(!)とチャレンジングに揃っていました。

今回は急に行こうと思っ立って事前予約をしていなかったため、案内していただいた方が専門スタッフではなかったので、あまり細かい話は聞けませんでした。マニアックな話が聞きたければ事前予約をお薦めします。

 

 

僕もマイクロディティラリーは初めてだったため、今まで見たスコットランドの蒸溜所とは全然違った作りで色々興味深かったです。

岡山初のウイスキー蒸溜所、美味しいお食事と共に訪れてみてください。

初回販売はまだ未定のようですが、すでに世界中のウイスキー通からロックオンされているようで今後の躍進が楽しみですね!

 

宮下酒造 独歩館

 

 

 

見学後はショップで日本酒と岡山ジンを購入。

日本酒は家の晩酌用ですが、ジンは今日からお店でご提供します。

 

コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search