「思い立ったが吉日」が機会費用を最大にする

  • 2017.02.17 Friday
  • 11:09

 

 

毎年の事ですが2月は暇です。分かっちゃいるけど1年で1番暇です。

忙しければ体が疲れますが、暇だと体も心も疲れます。スマホとタブレットの充電を1日何回しなきゃいけないんだよ(泣)。やること無いからAmazonで無駄遣いするという悪循環です。

 

2月は酒が飲みたくなるイベントはないわ、寒いわ、花粉は舞い始めるわ、そもそも忙しくなる理由が一つもありません。

さらに日数が少ないので単純計算で売上は1割ダウン。

それでも家賃のような固定費は変わらないので経営者としては辛い月なのです。

 

モチベーションだだ下がりのなか、泣きっ面に蜂で自営業者はこの時期に確定申告をしなければいけません。

パソコンにかじり付き「あれ?コレどうやって仕訳けるんだっけ?」と去年の遠い記憶を一生懸命思い出す毎日です。

 

 

お金が無いなら解決方法は2つ。

稼ぎを増やす支出を減らすかです。

2月は僕の能力では頑張っても売上伸ばせないので、支出を減らす努力をします。こっちは得意。生まれつきケチなので。

 

先日、個人のfacebookページにUPして驚かれた画像です。

1月の僕と息子のスマホ代。驚愕の¥522!!!

さすがに1月は外に出る機会も少なくかなり安かったのですが、普通に平均¥1000ぐらいです。

安いからと言って使っていて特に不便は何もありません。

 

 

からくりは案外単純です。
FREETELで昨年夏に大々的に行われたキャンペーンを最大限に活用して、僕は1年間毎月¥499割引、息子は3年間¥299割引されているのです。

僕は仕事で音声通話を使わないし、息子の世代は全くもって音声通話なんて不要。音声通話が必要なときはLINEやHangout、Skype、Smartalk等々を駆使してます。SIMはデータ専用で契約。ただし各種サービスを利用するときに必要なことが多いのでSMSは付けてます。これが現在のヨーロピアンスタイルのスマホ使いですよ。

 


お客様と話しても「まだ2年縛りが残っているから」 と決定を後回しにする方がほとんどです。

そんなことでは日々少しずつ、経済用語で言うOpportunity Cost(機会費用)を損失している状態です。

今すぐオンラインでSIM契約をして、d●c●m●なりa●なりS●ftb●nkのショップに違約金を叩きつけに行くのが経済学的には最も賢い選択です。

 

個人的には今ならFREETELがオススメですが、

FREETELの他にも色々なキャリアがありますし、MNPやSIMサイズや端末のSIMロックなど諸々と理解しておくべき事項がありますので、契約前に自分でちゃんと調べてくださいね。

 

コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search