英国トラッドのススメ その▲丱屮◆縞

  • 2017.01.26 Thursday
  • 11:54

テーマ:ファッション

 

 

1月も半ば辺りから急に寒くなりました。暖かいコートが手放せない時期がしばらくは続きそうですね。

 

以前、英国トラッドのススメという記事でラベンハムのキルティングジャケットとバブアーのフィールドジャケットという英国の2大超ド定番ブランドについて書きました。

 

今シーズン、英国好きのワタクシとしてワードローブにさらに英国服を追加しました。

真冬でも暖かいBarbour Polar Quilt SL

今シーズンの買ってよかった服&稼働率ナンバーワンです。

 

冬といえばダウンジャケットですが、モンクレールはもう庶民には高嶺の花になってしまったし、ユニクロだとお爺ちゃんや中学生とユニ被りしてしまう。大人としてそれだけは避けたい。

そもそもメタボおじさんがダウンジャケットを着てしまうと、

ボリューム出過ぎてシルエットがカッコ悪い。

ここだけの話、仕事柄、鼻が良いので凄く気になるのですがダウンジャケットは臭いです。暑すぎて汗かいちゃって汗の蒸れた匂いをムンムンさせている人がかなり居ます。おそらく本人は気が付いていないのでしょうが・・・。ダウンジャケットを着るなら臭いケアにも気を使ったほうが良いですよ。

キルティングジャケットならちょっと気を使えば洗濯機で洗濯できます。タグには「洗濯するな」と表記されていますが自己所有のラベンハムは毎年洗濯機で洗っています。

 

 

正直、日本の冬程度ならダウンジャケットまで必要ありません(北海道・東北を除くかな?)。キルティングジャケットで颯爽とスマートに街を歩くのが大人ってもんです。

 

バブアーと言えばワックスジャケットのイメージが強いですが、本国ではニットやシャツ、トラウザーは勿論、靴下やパジャマまでリリースしている総合ファッションブランドなのです。当然、アウターも色々とラインナップしていてポーラーキルトも定番アイテムの一つです。

 

ダブルジップでシルエットと温度調整が容易で、ジップにはしっかりとBarbourの刻印。

 

フラップポケットのボタンにもBarbourの刻印。細かいところにも手を抜きません。

キルティングの縫込みもシッカリしています。

 

Polar Quilt SLのPolarとはPOLARTECのこと。

本気で山にアタックするような服にも採用される、世界の名だたるブランドとパートナーシップを結んでいるフリース生地のトップブランドです。ユニクロのフリースとは物が違うのです。身頃の裏地にPOLARTECフリースを全方位に配置。真冬でもインナーはシャツだけで十分に暖かさをキープしてくれます。

 

Polar Quilt SLのSLはSlimの意味。

以前の記事でも書いていますが、バブアーはもともとアウトドア用の服です。元々はシルエットが大きくて野暮ったいのです。そこで日本でタウンウェアとしてスマートに着れるようにに見頃を少し細く作っているのです。


 

バブアーとラベンハム、本格的な冬はバブアー、肌寒い季節はラベンハム。2つ使いこなせば冬の装備は完璧。一生着れるアイテムです。

英国王室御用達を3つフルコンプリートするスパーブランド、バブアー。粋に生きたい男としてお薦めの逸品です。スコットランドにウイスキー旅するときにも重宝しますよ。

 

コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search