冒険の終わり、挑戦の始まり

  • 2016.12.20 Tuesday
  • 12:04

テーマ:海外旅行 総合

 

お客様にも色々と気をかけていただいています。

我が家の長男がバックパッカー旅に出かけたのが9月半ば。(出発の記事はこちら⇒夏の終わり、冒険の始まり

70日間の冒険を終えて、11月の終わり頃に帰国しました。

 

旅の途中、ポツポツと旅の写真が送られてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に撮れている写真を父親である私がちょいと編集。その他は食べ物の写真だらけ。

 

親譲りで食い物には頓着し各国料理に挑戦し、Booking.comのクーポンを上手に利用してモン・サンミッシェルでは島内のホテルにも泊まったそうです(中に泊まってしまうと高すぎて飯も食えんかった! そりゃそうでしょ。まだまだ観光客としては父のほうがエキスパートです)。リスボンではフィリピン語学留学時の知り合いと合流したりもしたそうで楽しい旅となったみたいです。エジブトでボラれたり、本場スペインのZARAで買い物したりと、盗られるときは盗られつつ、掛けるところには掛けつつ、節約も頑張ってくれました。安いドミトリーを渡り歩き、話題のAirBnBやUberも駆使しながら効率よく移動して旅費は70日間で総額60万円。

 

とは言え、70日間の刺激的な旅は色々と話しを聞かせてもらっても両親には全ては伝わりません。

 

 

 

でも……

 

 

 

息子の満面の笑みを見ると、色々な良い出会いと交流がまだまだイッパイあったのでしょう!

旅を楽しめたみたいで良かった良かった!

 

 

小さい頃は足し算が出来た、絵が上手に掛けた、ホームランを打った、友達とケンカした、ちょっとの事で親として一喜一憂していたのが、中学生になり高校生になると

「もっと真面目に勉強しなさい」「そんなんじゃ大学なんか行けんぞ」

と喜が無くなって憂ばかりが増えていました(皆さんもそうですよね?)。

 

フィリピンの4ヶ月と旅の70日間は、まるで小さな頃の目がキラキラしていた時の息子を見るような気持ちで喜がいっぱいありました。スマホのGPSで位置情報を共有していたので軽快に歩を進めていく様を日本から確認するだけで嫁さんと70日間たっぷり楽しめました。もちろん憂もまあまあ有るのですが(なんでパリやロンドンに3泊しかせんのや!もっとゆっくりしろや!みたいな)

色々と楽しませてくれて、ほんとありがとうと言いたいです。

 

可愛い子には旅をさせよ

 

間違いありません。

 

 

2016年は半分以上海外に居た長男。もちろん、今後のことを考えると遊んでばかりではいられません。

当然、親としては可愛い息子には甘い汁をイッパイ吸って楽しいことだらけの人生を歩んでもらいたいので、42年間で培った知恵をフル稼働して裏技使いまくりの人生をプロデュース中です。この一年はそのための短期集中訓練期間なのですから。

 

フルブースト&イージーモードの人生を勝ち得るための挑戦は着々と始まっています。

来年も忙しく楽しい年になりそうです。

 

コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search