高級グラッパ「ロッカニーヴォ」が久々に登場です

  • 2016.10.08 Saturday
  • 11:04

ウィスキー・ブランデー

 

久々に高級グラッパが入荷しました。

イタリアはピエモンテ州に本社を置くベルタ社の造るヴィンテージ グラッパ

ROCCANIVO 2008です。

 

パッケージがイタリアらしくデザインに富んでいて目にも楽しいですね。

 

 

葡萄はイタリアの固有品種のバルベーラ種を使用。

 

輸入元であるフードライナーのテイスティング コメントでは

 

「マラスカ・チェリー、森の果実、カカオやヴァニラを思わせる複雑で上品な丸みのある香り。豊かで調和の 取れた味わいで余韻も長い」

 

と表現されています。

 

個人的には香り・味を一言で表すと

 

「熟女に抱きついたような感じ」

 

です(なんだそれ)。

 

「よく分からんな?」と思われた方は百聞は一見に如かず、一度飲んでみてください。

納得していただけると思いますよ。

 

 

グラッパとはワインやシャンパンを造った後の葡萄の搾りカスから作られるブランデーの一種です。

同様のものでフランスではマール、スペインではオルホなどがあります。

もともとは農家の人が自分たちが飲む用に造った安酒だったのですが、いまや有名ワイナリーの葡萄カスを使ってみたり、樽で熟成させてみたりと色々な方法で高品質な商品が造られています。

 

日本では「粕取りブランデー」なんてイマイチ聞こえの悪い名前がつけられています。

出来れば「ポマース ブランデー(Pomace Brandy)」と読んだほうが聞こえが良いですね。

 

ただし、バーのカウンターで

 

「ポマース ブランデーは何がありますか?」

 

と尋ねても「ポマースってなんですか?」と言われるでしょうけどね。

 

コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search