岡山県人にとって台湾が近くなりました

  • 2016.06.12 Sunday
  • 11:13

テーマ:海外旅行 お役立ち情報

すでにニュース等でご存じの方も多いと思います。
7月からシンガポールのタイガーエアが岡山−台北便を就航することになりました。
日月木の週3便。これで晴れて岡山県人も週末台湾グルメなんてプチ海外旅行が可能になったわけです。

ワタクシも9年前、初めての1人海外が台湾でした。
正確には目的地はベトナム/ハノイで、行き帰り2回台北を訪れました。

高さ509mの台北101。周りに高い建物がないので異様にデカく感じます。現在世界10位の高層ビルです。


龍山寺。荘厳な作りの建物に、真剣に祈りを捧げている台湾の人が印象的でした。


台湾といえば食。毎日賑わっている夜市は楽しいです。
台湾の夜市でお馴染みのちょっとドキッとするアレは今でも売っているんだろうか???


都市部の方には想像もつかないでしょうが、岡山のような地方都市に住む人間にとって台湾は近くて遠い存在だったのです。
地理的には西表島から西へわずか200km。ピュンと飛べば岡山からでも3〜4時間の距離です。
ただし岡山から台湾へ行こうとすると、まず関西国際空港まで行かないといけませんでした。
重い荷物を抱えて家から岡山駅まで行き、新幹線とはるかを乗り継いでやっとの思いで関空着。気がつけば家を出てから3時間経過。広い空港を歩きまわって諸々手続きを済ませ、空虚な待ち時間を過ごし、瀕死の疲労困憊状態でやっと搭乗。
台湾行くだけで丸1日仕事だったのです。

それが、これからは、
家から車で岡山空港へ直行して車をポイっ(駐車料金無料)。
小さな岡山空港なんてゲートクローズの20分前に到着しても余裕で間に合います(良識のある大人は真似しちゃ駄目ですよ)。
現地時間19:55着なので、当日から台湾グルメを堪能できます。

国内に籠もり気味の岡山県人もこれで手軽に楽しい海外旅行が出来ますよ!




と・・・、昔からワタクシを知っている感の良い方なら薄々お気づきでしょう。
家族の予定を調整して、すでにエアチケットを抑えており、色々と調査して今日ようやくホテルが仮確定したところです。
4泊5日のうち「千と千尋の神隠し」の舞台テーマにもなったと言われる日本人に人気の九份にも1泊しちゃう。日帰りだと行きも現地も帰りも激混みらしいので、夕方到着して夜景をのんびり堪能して1泊して昼前に台北へ戻る。太極の行動の裏をかく旅策士のプランです。

気になる旅のお値段は
エア(往復約¥24,000) & 4泊ホテル代(1泊あたり約¥2,500)
でお一人様¥35,000。沖縄行くより安いですね。

就航のニュースを聞いてからの脊髄反射的でGoogle検索、からの速攻エアチケット確保。
子供の夏休みの思い出のためにも、こういうことは敏速な行動が重要です。


また出国日が近付いたら改めて店休日をご案内します。
よろしくお願いします。

 
コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search