ひと段落

  • 2016.03.19 Saturday
  • 12:21

最近、金曜日が暇です。

店を始めると、まずは知り合いや常連様が来て、次にマーケット用語で言うアーリーアダプター、いわゆる流行りもの好きな人が来ます。その後、マジョリティー層が来だして、しばらくしたらブームも一段落。

これは飲食店よりもファッションのほうが傾向が顕著に出るでしょう。
お洒落とは縁遠い安い店でよく売れるようになったら、そのアイテムはブーム終了!てな感じと言えばイメージしてもらえるでしょうか?

未だに一見さんに「ここってオープンして何年目?」ってよく聞かれますが、看板にデカデカと書いてあるとおり2002年創業、今年で14年目です。
ただし飲食店ってよほどの有名店でもない限り、移転をするとそれまでの経歴が一度リセットされてしまいます。当店みたいな弱小店舗、て言うか前店舗は外界から見えない5階のテナントで、広告もほとんど打たず、開業から半年間は「看板でも出したら?」ってお客さんに提案されるまでは外看板すら出してなかったものですから、移転=ほぼ完全にリセットです。
一応、ウイスキーエキスパートの資格を取ったおかげで、日本唯一のウイスキー専門誌Whisky Worldには名前が掲載されていたんですけどねぇ・・・。


今まさに移転から2年半が過ぎ、マジョリティー層の一巡がそろそろ終わったかな?という状態です。

バーに行くのは会社の飲み会の2次会オンリー、家ではビールしか酒は飲みません

という、そもそも場の雰囲気が好きであって、それほど酒が好きという訳でもない人が一段落したところ。
だから現在のBAR SEVENは金曜や街に人がたくさん出ている日でも平常運行です。


ブルーボトルコーヒー常連さんが毎朝出社前に立ち寄って朝刊読んでるような喫茶店

長い商売がしたければ選ぶのは当然後者です。と、自分に言い聞かせて耐える今日このごろです。

 
コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search