「スミマセン」は控えよう

  • 2015.09.09 Wednesday
  • 16:38


美しい国、日本。海外から尊敬される日本。

最近、TVでやたらと外国人から見た日本をテーマにした番組が目につきます。
全て結論は「ニホン、スゴイデスネ〜」で終わるのですが、渡航経験が豊富な方なら知っているはず。正直、西欧に行くと日本って今やそんなに気に留めてすらもらっていません。コンスタントに海外に行っている方なら分かるはず。日本人旅行者ってアジア圏だけで見てもここ10年で年々大事にしてもらえなくなりつつあります。
クールジャパン戦略と言ったところで、アニメがクールだなんて感激しているのはごく一部のオタク外国人だけ。所詮、ハリウッドとは市場規模が雲泥の差です。アニメはアニメで素晴らしいものですが、それを国策にしようと考えている政治家を見てバカにするを通り越して恥ずかしいです。大量に税金を投入して客の入んない施設を作るのはもはや政治家のお家芸ですね!

前々から頭のなかでモヤモヤしていた事をノンフィクション作家の落合信彦氏がバッサリ斬ってくれました。至極同感。
外国人が日本ホメる番組や書籍 頭をなでられ喜ぶ子供のよう


「あ〜日本から来たの。遠くから大変だね〜。休みも少ないんだろ?心配するな、俺は日本の客には慣れている。どうせ英語喋れないんだろ?
ところで、やっぱり日本人ていつも寿司食ってるのか?
ここに来たのってスケベが目的だろ?日本人はスケベだもんなぁ?おっとペドは勘弁してくれ」

正直、日本人に対する世界共通の認識ってせいぜいこんなもんです。

G20先進諸国の首都で国際空港から市内まで現金がないと行けないのは東京だけだそうです。今どきクレジットカードでチケット買うのは世界の常識。カード払いが出来ないならATMでキャッシングすれば大丈夫と思っていたら、海外で発行したカードは日本では使えない場合が多いそうです。
スマホ使おうとしたらトラベラー向けのSIMカードがどこを探しても無い!!!どこの発展途上国だよ!?(ここ最近でやっといくつか選択肢有り。でも旅行者がそこまでたどり着けるかはいささか不安)
OMOTENASHIとか言ってる前にとりあえず各種サインの英語表記、公共交通機関のカード決済、トラベラーSIM、ホテルの価格表記(海外では1人いくらではなく1部屋いくらが普通)ぐらいは何とかしないとヤバイ。
OMOTENASHIとか言ったところで、何を考えているか分からない愛想笑いやピン札でのおつりなんかはどうでもよい。そんなのは旅行者にとってはクソの役にも立たない。
オリンピックまでに何とかしないと本当に世界の笑いものになります。
OMOTENASHIなんて言ったところで、海外の一般認識はHENTAIとKAROUSHIです。

「日本ってほんとにサバイバルだぜ!言葉も通じねぇ〜し、カードもスマホも使えない、必死でフリーWifi探してもどこにも無いんだぜ。安全なだけで身動き取れないコンクリートジャングルだよ!でも心配するな。コンビニに行けば24時間とりあえず食料は手に入る。何書いてるか分かんね〜けど、見れば食い物だってことは分かるはずだ。あと女はチョロい。そこは言葉の壁超えちゃうぜ〜!」



前置きが長くなりましたが本題へ。

マナーが良いはずの日本人が海外でよくやるマナー違反「スミマセン」。
店員を呼ぶときに大きな声で「スミマセン!」これを海外でやるのはNGです。
(ここで言う海外とは欧米及び欧米人客を中心とするリゾート地を指します)
今年話題になった「マッサン」のヒロイン、シャーロット・ケイト・フォックスが日テレの朝のワイドショー「スッキリ!!」のインタビューで「日本に来て驚いたことは?」という質問に対して「店員さんを大きな声で呼ぶのが驚きました。私は失礼だし恥ずかしくてとても出来ません」と言っていました。

これには西洋文化には
  • 店員と客の関係はイーブン、相手の都合も考えず使用人のように呼びつけるのは失礼
  • 他の人と共有するパブリックスペースで大きな声を出すのは下品
という理由があります。

昨今、中国人旅行者のマナーが悪いリとよく聞きます。場所をわきまえず大声でしゃべり、自分の主義主張をゴリ押しする。でもこれって普段周りで見かける日本人と一緒じゃない?と思うのは僕だけでしょうか。所詮は同じイエローモンキーどうし、大した差はありません。
(余談ですが、日本人がよくやる手を叩きながらの馬鹿笑い、あれは本当にやめたほうが良い。外国人から見るとマジで猿に見えるそうです。たしかに客観的に見ると品がないですよね)
マナーの良い日本人というイメージは、それなりの意識を持って個人旅行で海外に行く日本人を見たことのある外国人からの印象です。


皿を運んでいる店員を見つけたら「スミマセン!」(今呼んでも手を離せないんだから意味ないだろ)
接客中の店員とお客様の会話に割り込んでロングディスタンスからの「スミマセン!」(ゲストは君だけじゃないんだよ)
自分の注文が決まったら店員の都合は完全無視のノールック「スミマセン!」(もう最悪)

「この前、旅行で○△□行ったらさぁ、店員がスッゲェ態度悪いの。やっぱり日本が一番だよね〜」
悪いのは君のマナーじゃないの?
欧米では飲食店にかかわらず物販店でも入店したら、まずは店員さんに挨拶するのが礼儀です。
見知らぬ人が黙って自分の家にズケズケと入ってきたら嫌でしょ?

海外ではパブでもレストランでもビール一杯頼むのにも店員の様子も見て待つのは普通です。
アイコンタクトを取って手を挙げる、ってのが正解。
お願いだから「エクスキュ〜ズミ〜!」ってデカイ声上げるのやめてくれ。そもそも単語の使い方も間違っているし、同胞として顔真っ赤っ赤になるわ!
大きな声で「おい大将、こっちに酒を持って来い!」昔のジャッキー・チェンの映画でよくあるシーンですね。イメージしやすいでしょ?あくまでアジア圏の文化です。


土地の文化を否定する気はありませんが、郷に入れば郷に従え。
パブリックスペースで大声出すのとホリデーが短いのは日本人と中国人だけです。
スマートな大人になりたかったら気をつけましょうね。
 
コメント
コメントする








    

Selected Entry



マスター推薦 酒の本





Archive


Profile



Link


Search