SCOTLAND & FRANCE旅行記 ハイライト

  • 2012.06.12 Tuesday
  • 10:11


South Queensferryで一休み。橋を渡ると途端に過去から現代に戻ってきた感がある。
左にForth Road Bridge、右にForth Rail Bridgeと定番のアングルで一枚。




今回もエジンバラには2泊。
St.Giles Apartmentは驚きのセレブ感!ロイヤルマイルの中心という最高の立地にあり、キッチン付きの広いリビングの窓の外は大聖堂、さらに清潔なベッドルーム。しかも建物の一階がかの有名なロイヤル・マイルウイスキーとモルト好きには最高の立地。これで一泊一部屋¥15000でお釣りが来るんだからホテルに泊まるよりもだんぜん安い!




せっかくキッチンが付いているので夕食は部屋で。
テイ川産スモークサーモンにHouse of Bruarで買ったキッシュとパイ。
House of Bruarはピトロホリー郊外にあるスコットランド版道の駅みたいなところ。高品質な洋服と食料品の品揃えは圧巻。お土産物も豊富でジェラートも美味しいですよ。スコットランドに来たなら絶対行くべきです。




街のバグパイパー。2年前はブレア城でも聞いたし、グラームス城でのハイランドゲームでは大行進まで目にしてまさに耳が痛くなるほど生バグパイプ聞きまくりだったのですが、今回はココだけ。でもこの人、上手かった。曲は皆さんご存知のScotland The Braveでした。



少しだけパブ巡り。
エジンバラに来たら必ず行く1826年創業のCafe Royalは今日も満員御礼。ここはいつも大人気。人多すぎて写真撮れず。写真はローズストリートのはずれのパブ(名前忘れた)。田舎のパブっぽいなかなか良い雰囲気。




ハイランダーインで食べたハギスが今風のお洒落ハギスだったので、嫁にトラディショナルなハギスを食べさせてやろうと思って注文したらここもお洒落ハギスだった。マッシュドポテトとニープ、ハギスを3段重ねてホワイトソースたっぷり。美味しいんだけどねぇ・・・。タリスカーをドバっとかけて食べたかったのに!



夜のエジンバラは最高に綺麗。右手がSt.Giles大聖堂。んで、すぐ向かいが宿。



朝早くカールトン・ヒルに登る。お手軽に行けてここからの眺めは最高。エジンバラ城、スコットモニュメント、バルモラルホテルの時計台もはっきり見えます。背中側はフォース湾とその向こうには北海。
晴れていればより最高なんだけど・・・。




宿に戻って朝からスモークサーモンとムール貝。ムール貝はHouse of Bruarで買ったレトルトパック。凄く美味しい!そしてこの時点で世界最高品質であろう天然アトランティックスモークサーモンにもいい加減飽きてくる。



2日目は買い物がメイン。写真は1838年創業の世界最古のデパートJennners。



St.Giles大聖堂ではゴスペルのリハーサル中。



お馴染みの大砲の時間に合わせてエジンバラ城へ。なかなか打たないので気を緩めていたら突然Doooon!



外食続きで胃が疲れているので今夜も部屋で料理。バケットにムール貝のソースが合う。
疲れていると言いながら今回まだ食べていない羊肉をついつい買ってしまう。ウマそうな羊、いっぱい見たもんね。のどかに草食べてる姿は可愛いんだけど・・・南無阿弥陀仏。




パリ行きの飛行機は早いので朝焼けのエジンバラを後にする。



エジンバラ空港内のパブは十分に品ぞろえも豊富でしかも安い。待ち時間も全く苦にならない。



ビュンとひとっ飛び。次はフランスです。


⇒次へ
 
コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search