HIGHLAND PARK VALKYRIE

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 19:49

新入荷情報です。

 

ハイランドパーク ヴァルキリー

ハイランドパーク蒸留所はスコットランド北部のオークニー諸島にあり、バイキングの文化が色濃く残る地域で、北欧神話にまつわる名前を冠したボトルをたくさんリリースしています。今回のボトルはヴァルキリー、ヴァルクヌート、ヴァルファーザーで構成されるヴァイキング レジェンド シリーズの第1弾です。

 

バルキリーとは北欧神話に登場するワルキューレ(ドイツ語: Walküre)の英語読みだそうです。北欧神話にはまったく疎いので詳しくは各自Wikipediaで。

 

バルキリーといえば我々世代にとってはコレですよね。

プラモデルを買うときはドクロマークに惹かれてVF-1S ロイ・フォッカー スペシャルのほうを買ってました。

 

話が逸れました。

ティスティングの感想をひと言でいうと燻製ベーコンとプルーン。

シェリー樽熟成原酒の比率が高く、おそらくファーストフィルのかなり良い樽を使っているっぽいです。シェリーの濃厚な香りと程よいピートとスモーク香。口に含むと意外にボディーはミディアムライトで優しい口当たりながら余韻は長く続きます。シェリー樽好きも納得の出来だと思います。アンダー1万円のモルトウイスキーとしては実に素晴らしいボトル。自信をもって勧めできる1本です。

 

(レミーコアントロージャパンの公式発表ではウイスキーのほうはヴァルキリー、マクロスはルキリー。カタカナ英語って面倒くさいですね)

 

 

 

ここ最近、毎週カヤックフィッシング。日本海でヒラマサ釣るのが目標です。カヤックフィッシングで使えそうな安くて良さそうなジグを見つけました。

どう見ても某DU●のDrag Metal Castとまったく同じですね。同じ工場に発注しているジグでしょう。価格は半分です。ショアジギングでもいけるみたいです。お勧めです。

ヒラマサ釣れたら報告します。

 

ポートワイン入荷しました/メアンドロ ファイネスト リザーブ

  • 2020.06.24 Wednesday
  • 23:52

ポートワイン入荷しました。

メアンドロ ファイネスト リザーブ 当店では初入荷です。

 

キンタ・ド・ヴァレ・ミアオは世界のトップ100ワインで4位になったこともあるポルトガルの名門ワイナリー。ロバート・パーカーもヴァレ・ミアオのワインには高い評価を点けています。そんな優れたワイナリーが作っているポートワインが初お目見えです。

 

ファイネスト リザーブは熟成期間が平均4年と若いだけあって、軽やかでサッパリとして甘さ控えめでとても飲みやすいポートワインに仕上がっています。価格もお手頃なのでお気軽にお試しください。

 

一流のレストランや和食屋さんのデザートは素晴らしいのですが、たまには気分を変えてデザートにポートワインなんてのも粋な大人の嗜みですね。いい感じに熟成したカマンベールチーズなんかと合わすと最高ですが、現在当店はスモークチーズやあまり香りの強くないものなど、ウイスキー向きのチーズしか置いていません。ご了承ください。持ち込みはOKです。持ち込み料は切ってお皿に盛る手間賃だけいただきます。

 

EPA(経済連携協定)でチーズが安くなるかと思いきや、関税引き下げは段階的らしく、完全撤廃は16年後だそうです。生鮮食品なので国内で造るのが最適ですが、フランスと日本だと文化背景や消費量に大きな差があるのでなかなか難しいでしょうね。消費量は世界一のフランスの10分の1以下だそうです。

 

 

 

最近、アパレル系のお客さんと「ロレックス高くなったよね〜」なんて話をしていたら、ふと気になって一番高いバッグをAmazonで調べてみました。予想どおりエルメスのバーキンですが、

価格は、な、な、なんと1060万円!!!販売元は青山のルージュ・ブランというエルメス専門店なので適正価格なのでしょう。それにしてもエリートサラリーマンの給料1年分をお手てにぶら下げて歩くなんて……。

上のリンクをたどってご購入いただければ、㊙%の紹介料が入るので僕メッチャ嬉しいです。

 

僕も男子のご多忙にもれず、嫁さんにバッグをプレゼントしたことがあるのですが、

上のバーキン1個で3000個買えます。アネロはホント街でよく見かけますね。バッグ界の空前の大ヒット商品だそうです。

トリコロールカラーは洒落ていて色々なファッションに合わせやすいし、アネロの特徴の大きな口金のおかげで使い勝手も良いみたいで毎日仕事につかっています。安上がりな嫁で大助かりです。

 

酒を飲んで人と語らうということはDNAに刻まれている

  • 2020.06.16 Tuesday
  • 20:51

先週末は金曜土曜ともに久しぶりに仕事した感がありました。

 

 まず、土木建設業界の方がようやく街に出てきたみたい。すでに7月の宴席の予定も入っているとか。いつもどおり、やはり他の業界より動き出すのが早いです。聞いた範囲では経済的なダメージも少なく、一時ニュースになっていた住宅設備が海外から入ってこなくて家が出来上がらない、ということもほぼ解消されたようです。

 

 経済的なダメージは無かったものの何かとコロナ対策で忙しかった業界の人もようやく仕事がひと段落して、周りの様子をうかがいながら、ボチボチと出てきているようです。

 

 あとはやはり若い方。当店でも多いなぁと感じるぐらいですから、駅前周辺やもともと若い方が多い飲食店は、さぞかし大忙しだったことでしょう。

 

なにはともあれ、少しづつ街に活気が戻りつつあります。良いことです。

 

そんななかディスカバリーチャンネルでとても良い画を見つけました。

ボストンでバーテンダーをしていたジャックさんが世界の酒と飲みの文化を体験しに旅する番組です。

僕もカトマンズでロキシー飲みましたが、これ見た後だったら躊躇してたかも。

酒を飲みながら語らうことは人間の根源にあるものなんだとよくわかる動画です。

 

日本編もあります。外国人から見た日本の飲み文化が見えて興味深いです。

 

人類は紀元前から皆で酒飲んでるんだから、酒を売る仕事はなくならないだろうと今日も頑張っています。

 

 

 

最近、初めて飲んで感銘を受けた発泡酒。

サッポロ 麦とホップ

これ、黙って出されたら僕でもビールと間違える。我が家の常備品に躍進。発泡酒もここまで来たかと驚きました。

さすがに店では扱っていないのでご自宅でお楽しみください。

 


Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search