1人酒場で飲む酒は・・・

  • 2014.12.08 Monday
  • 03:24

11月はおかげ様でまあまあな感じでした。
そして師走になり我ら飲食業界は絶賛繁盛期!と言いたいところですが先週は見事にズッコケました(泣)。
その昔、景気の良い時代は12月ともなれば平日週末問わず毎日忙しくバーテンダーもまさに体力勝負でして「営業最終日まで体もつか・・・?」とデスマーチ状態でした。
しかしリーマン・ショック以降は12月でも週末は忙しく平日は暇という状態。そりゃ皆さん、財布は一つですからね。お小遣いが少なければ週末使った分、どこかで節制しようというのが真理でしょう。
週末に飲み会があるから今日は飲みに出るのを控えるとか、居酒屋で飲んで2件目は行かずに素直に帰るとか。
バーで酒を飲むというのは「ゆとり」の部分ですから。飲食業のなかでも我々は娯楽産業に近いのです。
結果、飲み屋街から少し離れた当店の場合は12月といえどもやたらと忙しい日が数日あるだけで月単位で見ればたいして売上伸びません。

それと昔と変わった事といえば、12月でも1人で飲んでる人が増えたこと。
これには2次会へは強制参加という風潮の衰退、
世代間を超えた付合い酒が減ってきているという文化的側面、
さらに部下に奢りたくても心許無い寂しいフトコロ事情という悲惨な現実もあることでしょう。
バーのカウンターで1人で飲む=カッコイイ
みたいなイメージをもつ方も多いのですが、実際はこんな理由もあるわけです。

じゃあ仕方ないから1人で飲むか、と言っても実際はなかなか大変です。
バーに限らず、やはり全くもって初めての店に1人で入るというのは結構ハードル高いものです。
僕だって1人旅で致しかたなくという場合以外には1人で初見の店に行くことはまずありえません。
それでも初見の店に1人で行くなら、まったくノーコミュニケーションでただただ飲んで帰ることもありえるという覚悟が必要です(僕の場合、さらに1人酒が海外だったりもしますからなおさらです)。


ではどうするか?
取り敢えず最初は人を連れて2,3人で行ってみて、それから店を気に入れば平日の落ち着いた時間にでも1人で行ってみる、というのが通常得策でしょう。
気が合いそうなスタッフを見つけるコツは、世代が近い、共通の趣味がある、話が合うなどなど。
そう日常生活での人間関係とまったくもって一緒です。酒なんて二の次です。まずはEnjoy Drinkからです。

1人で飲める店を開拓するには、時間とお金と努力が必要です。まさに開拓なのです。



Selected Entry



マスター推薦 酒の本





Archive


Profile



Link


Search