「それってどんな味?」

  • 2018.10.25 Thursday
  • 11:18

先日、オーダーシャツのKEI代表の對馬氏の東洋経済の記事を読みました。

「メイド・イン・ジャパン神話」の理想と現実

https://toyokeizai.net/articles/-/243434

ハイクラスのアパレル業界の衰退とその原因の一つであるグローバル経済がよく分かる話です。ぜひ記事をご覧になってください。

 

で「面白いなぁ」と思い早速シャツをオーダーしてみました。

https://ke-i.co/made-in-japan/

オーダーシャツなので採寸が必要なのですが方法は4つ

ー己採寸

▲ート採寸 KEIのデーターに基づき身長・体重・生まれ年から自動採寸

お気に入りのシャツを郵送

ぢ哨ーダーデーター共有

 

まずは嫁に採寸してもらったのですが、「肩の一番出ている骨から……」と言われても正直よく分からん。とりあえず参考値として記録。次にオート採寸のデーターと比べてみたのですが微妙に違うしどっちが正しいのか正直よく分からん。さらに採寸データーと手持ちの無印良品のシャツを比べてみたのですが、やっぱりよく分からん。

シャツって寸法が1cm違えば見栄えや着心地が全然変わります。既製品なら多少ピチったりダブついても見て見ぬふりをして着てしまうのですが、せっかくのオーダーシャツだからビシッときめたい。悩んだ末、多少サイズがズレててもカジュアルに着れそうなグラフチェックのシャツをオーダー。オーダーシャツと言えど結局は「とりあえず買って実際に着てみるしかない。調整が必要なら次のオーダーでしよう」という結論に至った次第です。まずは実物を着てみて次はとびっきりカッコいいジャストサイズの真っ白なシャツをオーダーしよう。

 

 

 

いったん話は変わって、この人の声を言葉で説明してください。ミスチルの桜井さん。

説明する相手は桜井さんのこと知りませんし聞いたこともないと仮定しましょう。

「え〜っと、少しハスキーで高い声で甘いような切ないような声です。凄く良いですよ」

 

ハイつぎはこの人、スガシカオさん。

「えーっと、けっこうハスキーで少し高めな声で甘いような切ないような声です。凄く良いですよ」

 

二人のことを全く知らない人にこの言葉の説明で伝わるでしょうか?「ん?結局どう違うの?」と言われるでしょう。知ってもらう方法は言葉で説明するより聞いてもらうことです。「百聞は一見に如かず」僕が付け足すなら「百聞は意味無し」です。

 

 

 

やっと本題。

バーテンダーなんて因果な商売をやっているとメニューを指さしながら「これってどんな味ですか?」と質問されます。たぶん25年間で32万6千回ぐらいされました。聡明な当店ブログの読者ならもうお気づきでしょうが、つまりはそういうことです。「百聞は一見に如かずで百聞は意味なし」。酒も食べ物も一度口に放り込む以外に知る方法は無いのです。

 

ワタクシ的には

「ハイランドで15〜20年ぐらいでなんか良いのあります?」

「アイラで若いやつで面白いやつないですか?」

産地と熟成年数だけ言っていただければ選びやすいです。もちろん蒸留所名でも良いです。

産地が分かればその人が求めている大まかな傾向が分かりますし、熟成年数が分かればグレードと価格帯がはっきりします。

 

音楽みたいにサラッと視聴ができればよいのですが、なかなかどうにも飲食店では難しい問題ですね。

 

 

 

先日、牛窓でカヤックフィッシングで釣った真鯛。釣ってすぐにカヤックの上で脳を破壊しエラと動脈を切り血抜きも完璧。市場に出回る真鯛はここまで素早く処理していません。で、魚ってこうやって完璧に処理すると段違いに美味しいのです。身は和風カルパッチョ、残りはアラ炊きにしていただきました。真鯛と言えば刺身が人気ですが、秋のよく餌食べてる真鯛は皮と身の間に脂がのってプルプルで何とも美味なので煮付けがおススメ。アラ炊きじゃなくて丸ごと煮付けでも良かったかも。

 

とは言えども秋の真鯛、しかも完璧〆の真鯛の美味さは言葉では説明できないのでぜひご自身で釣りに行ってください。

正直、鳥取に移住して自分でカヤックフィッシングで釣った魚のみを提供する居酒屋とかやってみたいのですが、人生には色々と制限がありまして実現は夢のまた夢です。

 


Selected Entry



マスター推薦 酒の本





Archive


Profile



Link


Search