寒い冬はハニカムスクリーンで断熱するべき

  • 2018.01.24 Wednesday
  • 10:30

テーマ:断熱

 

 

ここ一年のマイブームはドローンにカヤックフィッシング、スマートスピーカーと来て、いま一番熱いのは断熱です。

最近、環境省も壇蜜で断熱というしょうもないダジャレで人選をして住宅性能を上げて省エネしましょうとPRしています。相変わらず壇蜜色っぽいなぁ。

幾らエアコンの省エネ性能上げても断熱が悪いと、わざわざ重たい荷物を意味なく満載してエコカー運転しているようなもんです(この話はまた機会があれば記事にします)。

 

 

マイ断熱ブームのきっかけは、はてなブックマークで流れてきたこの記事

日本の住宅が、あまりにもアレすぎる件

よくよく見ると2009年のすでに9年前の記事ですが、9年間あまり進歩がないということですね。言っていることはド正論で反論の余地もありません。この記事を読むまで僕も日本の住宅性能は世界一だと勘違いしていました。たしかにスコットランドに行くとホテルやデパート、パブなんか熱くもなく寒くもなく凄く快適なんですよね。当初はセントラルヒーティングだからだと思っていたのですが、それに加えて窓の断熱もシッカリしているからなんだと思います。そう、全ての諸悪の根源はアルミサッシなのです。

スコットランドのB&Bの一般的な窓。ペアガラスはもちろん、サッシの芯はアルミっぽいですが室内側の表面は樹脂で覆われています。カーテンは分厚いものを使用して、冷気が下がってくる窓の下にヒーターが設置されています。理論的に完璧。

 

樹脂張りのアルミサッシにリフォームすればかなり改善するのですが、それだと費用がいくら掛かるんだ?という問題があります。いま思えば家を建てる時に高くても樹脂張りにしておくべきでした。作ってしまったものは仕方がない、氷のようにキンキンに冷えて熱を奪いまくる憎きアルミサッシをなんとかせねばなりません。

 

我が家もそうですが、日本の家はリビング、ダイニング、キッチンが1つの部屋にあるLDKが最も一般的だと思います。

この場合、冷気はどこから侵入してくるか?窓はカーテンで覆われているでしょうが、完全に無防備なのは勝手口です。普通、勝手口にカーテンは付けないですものね。じゃあカーテンつければ良いのですが、見た目や使い勝手など色々問題があります。

そこでオススメなのがハニカムスクリーンです。

そのなのとおりハニカム(蜂の巣)構造をしたスクリーン。

これは風呂場の脱衣所の窓に設置したもの。

空気の層を作ることによって高い断熱性能を発揮します。要は窓にダウンジャケットを着せるようなもの。窓枠の内寸に合わせて設置すれば見た目もスッキリ。

今回、僕はeeBlindeさんから購入しました。工場直販・業界最安値は伊達ではありません。かなり安いです。色も色々選べて、Webページの指示どおり採寸して注文すれば1週間ほどで届きます。設置はドライバー1本でネジ3本を締めるだけでOKです。

勝手口に設置すると効果は絶大。格段に部屋が暖かくなります。スクリーン代は浮いた光熱費であっという間にペイ出来ると思います。

 

 

ただし一般的なハニカムスクリーンは構造上、両サイドに5~10mmの隙間が出来てしまい、そこから冷気が侵入してしまいます。上の勝手口にはとりあえず両サイドに100均で買った隙間テープを設置して問題を解決しています。断熱は完璧になりますが、スクリーンを下げる時に引っ掛かってしまい手作業が必要なのが難点。

 

金は出すから俺は圧倒的な断熱が欲しいんだ!という方にはSEIKI住工さんのハニカム・サーモスクリーン(レール付き)がお薦めです。ただでさえ高断熱なハニカム構造を2重にして、さらに両サイドにレールをつけることによって冷気の侵入をシャットアウト。現在断熱No.1でしょう。

 

唯一発生する問題は断熱No.1だけど結露もNo.1です。我が家の勝手口も尋常じゃないぐらい結露します。やはり憎きアルミサッシの呪縛からは逃れられないのです。誰だよ?アルミサッシなんか普及させたのは?

 

少々掃除の手間は増えますが、快適さは格段にアップ。ハニカムスクリーンお薦めですよ。

 

 

さらに徹底的に断熱したいという方は採光窓や小窓にポリカボードを設置しましょう。

正直、小さな窓はあまり体感効果は期待できませんが、断熱道を極めたいのなら通らねばならない道です。

 


Selected Entry



マスター推薦 酒の本





Archive


Profile



Link


Search