お金の勉強

  • 2020.07.07 Tuesday
  • 11:37

コロナ禍で投資を始めた人が多いそうです。10年に一度の暴落となれば「今がチャンス!」と思うのも当然でしょう。

 

しかし、SBI証券が発表している「初めて買った銘柄ランキング」を見てみると、色々と面白いものが見えてきます。

最も参入者が多かったであろう4月のランキングは、

 

1位 日本航空 & 2位 ANAホールディングス

大打撃を食らった航空株のリターンを狙ったのでしょうが、そもそも航空業界はLCCなど新興勢力の台頭で競争が激化していて、長期で見ても株価は右肩下がり。株価の戻りもまだまだ時間が掛かりそうなので、投資効率を考えるとあまり良い選択とは言えません。

 

3位 三菱フィナンシャルグループ

高配当狙いで買ったのでしょうが、配当高くても株価下がったらどうするの?会社は規模も大きく盤石ですが、雰囲気と思惑で上下する株価は実態とは別物です。基本的に高配当の銘柄は中長期的に株価が下がるリスクも高いです。

 

4位 & 7位 & 10位 原油ETF

ギャンブルですね。

 

5位 オリックス

三菱同様、高配当狙い。こっちは悪くないかも?

 

6位 アンジェス

コロナのワクチン開発に期待しているのでしょう。過去に何ひとつ実績を出していないのに株価だけは上がる不思議な企業。投資家界隈ではバイオ企業ではなく株券印刷屋と呼ばれています。株価はコロナの底から短期間で最大5倍強まで上がっているので投機としては成功です。ただし、こんな銘柄に手を出すのは投機であって投資とは呼べません。ギャンブルと一緒です。今回もほぼ間違いなく実績出ないでしょうから逃げるならお早めに。IR芸だけで一喜一憂するマネーゲーム銘柄です。

 

8位 JR東

損切をお勧めします。

 

9位 オリエンタルランド

みんな大好きディズニーですね。大好きなら長く持っていればいいと思います。チャートも悪くないし、株主優待で無料でディズニーランド行けますね。

 

 

というわけでまともな投資と呼べる銘柄は選ばれていません。投資というのは20年、30年のちに世の中の経済成長に合わせて自分の資産を上手に増やせているかが重要であって、今月どうだった、今日どうだったということは、あまり意味がありません。短期的な利益は短期的な損失に代わるリスクが高いからです。

 

目下、お金の勉強中のウチの大学生の息子のポートフォリオをお見せしましょう。

銘柄の選定には僕が助言を与えましたが、最終判断は自分で行っています。

1,2回銘柄の入れ替えと、買い増しをしただけで、基本的にほったらかしです。1年と1ヶ月でリターン30%を超えました。投資額が少ないゆえに集中投資で大きなリターンが生まれました。このまま40年いけばウォーレン・バフェットもビックリですが、そんなに上手くいくわけはありません。

 

勉強なので毎日成績をチェックして、上がった理由、下がった理由を自分で調べるように言っています。投資額が少ないうちに10年に一度の大暴落を身をもって体験したことも良い経験になったことでしょう。このまま、あと一年ぐらい継続すれば、色々と身につくかと思います。で、自分で働きだして投資額が増えた時も冷静に正しい判断ができるように成長してくれることを願っています。

 

退職までの資産形成であったり、本業以外の収入を持つことによるリスク分散を目的としたり、まずは目的と目標を定めて、そこから逆算してベストな投資方法を構築していくことをお勧めします。投資額が増えれば、さらにリスクをペーパーアセットとハードアセットに分散してとか、資産運用と言ったほうがシックリきますね。

 

座学やスポーツと同様、投資も勉強と経験を積み重ねるほど上手になります。ただし、お金の勉強はほとんどの人が親からも誰からも教わったことがないと思います。そうなると自分で頑張るしかないですね。

まずはここから。

 

関東および都市部に在住の方 これを機に大都会岡山に移住しませんか?

  • 2020.06.10 Wednesday
  • 22:53

どうもです。給付金と米国株のリターンで生きています。

 

お店の営業再開から1ヶ月が過ぎましたが売上は未だに低空飛行中。まだまだ人出は少ないものの、市中を見回すと徐々に若い方から街に繰り出してきているようです。特に20〜30代の若い女性が多いような気がします。当店にはあまりお越しいただけませんが(泣)。もうちょい耐える時間が続きそうです。

 

5月中はお客さんが少なかったとはいえ、ほぼ全て経営者とお医者さんでした。
経営者は行動が自己管理だからでしょうか。緊急事態宣言中も感染対策をしつつ行き付けのラウンジを貸し切ってしょっちゅう飲みに出ていたとか、いないとか。
お医者さんはそれなりに感染症に対する知識があるからでしょうか。「第2波に備えてとか言われても、岡山だけ見ると第1波も来てないよね」と意見が一致しました。半径100匏内のコロナ新規感染者はここ3週間ゼロ。もはや感染リスクは宝くじで1等当てるより低いかも?

如何せんスーツ姿が夜の街から消えています。会社によっては上から「あまりウロチョロするな」と警告や無言の圧力を受けているみたいです。もうそろそろ自己判断で外から店内覗いて暇そうにしてたら入ってきてくれませんかね?

 

過去に例の無い何とも特殊で濃い5月でした。

 

 

自宅の近所ではもはやマスク率2割以下の岡山と違って、東京は赤い都庁緑のたぬきのアラートを消すかようやく協議に入るようですが、まだまだ警戒感が強そうです。どうでしょう?テレワークも普及しつつあるし、いっそのこと岡山に移住してみてはいかがでしょうか?

ワタクシ、生粋の岡山県人の自粛期間中のライフスタイルを公開しますと、

 

緊急事態宣言中でも3密を避けて車で20分走れば貸し切りの砂浜でワンちゃんと追いかけっこ

 

市街地中心を流れる西川はワンちゃんの散歩に最適。今は紫陽花が見頃です

 

菜の花咲く田園風景。なんと中心繁華街と同じ岡山市北区です

 

瀬戸内の島景色が美しい岡山市内で唯一の海水浴場「宝伝」。この日は釣客とBBQに来てる人がいっぱい

 

コチラは一昨年の画像ですが

カヤック出せば

 

コウイカ釣れますよ

大事なことなので改めて言いますが岡山市内です

 

夏になるとライトアップされた岡山城を眺めながらナマズ釣りが楽しめます

 

岡山ローカル個人店の回転寿司「鮨庭」さんではこんなに角の立ったハマチの腹身が200円です(150円だったかも?)

 

のどぐろの握りも有りますよ

 

このお店はmiwaと坂口健太郎の主演映画「君と100回目の恋」のロケ地にもなっています。

「どうせよくあるスイーツ映画だろ」と舐めてかかって鑑賞したら号泣しました。思わずすぐ2回見ました。ちょっとファンタジー要素の入った王道純愛ストーリーに、牛窓ほか岡山の美しい景色が印象的な素晴らしい映画です。

まあ映画史に残る名作「ローマの休日」やシャンパン&苺を流行らせた「プリティーウーマン」も言わばスイーツ映画ですからね。スイーツ最高。馬鹿にしててごめんなさい<(_ _)>です。移住前にご覧になることをおススメします。

 

東京に数では及びませんがピンからからキリまで美味しいお店、隠れた名店がいっぱいあります。

田舎でノンビリ暮らすなら移住者に人気なのは蒜山高原。延床200屬7LDKの中古住宅が650万で買えます。https://house.goo.ne.jp/buy/uh/detail/1/33214/080Z85077694/106568001/x1080Z85077694.html

近所さんと仲良くしておけば桃と野菜はタダで貰えます。

 

どうですか?岡山良い所でしょ?

岡山に移住したら当店に飲みに来てくださいね!ローカル情報色々ご提供しますよ。

 

移住の前にこの本で県民性を予習しておくと何かと捗ります。

岡山市は一言でいうと政令指定村社会。人口70万人を超える政令指定都市でも根っこは未だに田舎者です。最初は取っつきにくいと感じることもあるかもしれませんが、一度中に入ってしまえば親切でお人好しなのが岡山県人です。あと桃くれます。何処からともなく桃が届きます。生まれてこの方、桃いっぱい食べたけど買ったことありません。

 

10年ぶりにCD買ったら大変だった

  • 2020.06.06 Saturday
  • 08:00

コロナ禍の影響で急速に映画業界が変わりつつあります。


今までは配信やBlurayなどのパッケージ販売は劇場公開から90日間経ってからという慣例があったのですが、コロナの影響で劇場公開が出来ないため、「制作費やら出演料やら支払わければならない金いっぱい要るのに公開延期なんて待っていられないよ!」という制作サイドがオンライン配信に踏み切りました。結果はおおむね大成功のようで、これから映画業界は大きく変わっていくことでしょう。

 

となるとこれから色々と試されるのが価格設定。

映画館ならチケット1人◯◯円とシンプルですが、配信だと何人で見ているか分からないし、新しい試みなので適正価格は未知数。4月に配信で公開を始めた「トロールズ ワールドツアー」は19.99ドル(約2100円)でレンタル配信をして、前作が5ヶ月かかった売上1億ドル(約110億円)を3週間で超える大成功だったのだとか。

米配給大手が慣例破り、話題作ネット公開に業界反発(日刊スポーツ)

19.99ドルはアメリカでは劇場チケット代金の3〜4人分です。これから適正相場を探って価格は上下することでしょう。

 

面白そうな新作映画を見たい!という気持ちは色々な宣伝をネットやテレビで見かけて公開直前がMAXなのに、家からすぐ行けるところに大きなシネコンが2つある環境に住む僕ですら予定を空けて決められた時間にわざわざ映画館まで足を運ぶのは面倒だし、まあいいやと90日間待っているうちに作品自体を忘れてしまうか、見たい気持ちはすっかり冷めてしまいます。今までそんな理由で見逃している映画が何本あることか。昔とすっかり環境が変わった現在では90日ルールは経済用語で言う機会損失です。

 

日本だと諸々の大人の話し合いをしなければいならないので、まだまだ先の話になるでしょうか?劇場には厳しいことですが、配信同時公開のほうが制作サイドの収益のプラスになり、しいては作品の質の向上にも繋がるかと思います。

 

今や4K50インチのテレビが5万円でおつりが戻ってくる時代です。

映画館の大きなスクリーンで見る特別感は薄まりつつあります。

 

音楽や書籍がそうであったように、デジタル化できるものは現物が駆逐されていくという流れに映画業界もさらされています。劇場の数が減っていくことは不可避な事実でしょう。

 

音楽は現在主流のサブスクが業界全体にとって果たして良いのか悪いのか未だに正解は分かりません。

 

書籍は電子書籍のほうが何かと便利ですが、祇の本は共有出来るという優位性があります。僕は自分以外の人にも読ませたい本は今でも祇で買います。

 

映画はどうでしょう?

個人的には、今後、劇場と配信が同日公開ということになったら映画館に行くことはなくなると思います。やっぱり好きな時に慣れたソファーに座ってビールやウイスキー飲みながら、トイレ行きたくなったら一旦停止して、リラックスして自由に映画は見たいです。

随分前から3D だの4Dだの、リクライニングチェアやカップルシートなんてのもありましたよね。カップルシートまでいくと「それならなおさら家でエエよ」と思うのですが、劇場側もAmazonやNetflixの驚異をこのあたりから感じて様々な対策を考えていたのでしょう。10年後には「昔は映画は映画館って所で見てたんだよ」なんて話をしているかもしれませんね。

 

 

映画よりも先駆けてデジタル化した音楽業界。先日、たぶん10年以上ぶりにCD買いました。先日ご紹介した藤井風のデビューアルバムです。


というのも初回限定盤は洋楽のピアノ弾き語りカバー11曲入りのディスク2が付いて、それがどうしても欲しかったから。ただし困ったことにデジタル版は無くてCD販売のみ。ということで仕方なく10年以上ぶりにCDを買った次第です。僕は今や音楽はサブスクかYoutubeで楽しむのが普通で、買うという意識すら無くなってしまっています。

 

もう長いこと家でも職場でも車でもCDから再生することなんて全くしていないので、すぐにパソコンでデータ化するつもりでした。しかしよく考えたら3台あるパソコンは全部ドライブ付いてない。うっかりしてた……。

 

取り敢えず聴くだけ聴いてみるか、と店のオーディオのCD取り出しボタンを押すと壊れてて開かないのね。そういや最後にCD再生したの何年前だっけ?

 

かくなるうえはと家のプレイステーション4で聴こうと思ったらPS4ってもはやCD再生に対応してないのね。

 

最終的に奥さんの職場から外付けドライブ借りてきてもらって、ようやく取り込み完了。いま店で聴きながらこの記事を書いています。カバー曲も素晴らしいです。声も良いし歌も超絶上手い。僕がいつも雷魚釣りに行っている、あんなのんびりとした里庄でこれだけナチュラルな英語の発音を身につけることが出来たのか不思議。おすすめです。ただしCDドライブのある方だけね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにもお下劣な内容なので本文と離して書いておきますが、クーロン黒沢さんは一般映画館に先駆けて世の中から失われつつある全国の成人映画館を身を持って体験し、記録に残そうとされています。

決して歴史の表舞台に出ることのない文化の記録として大変貴重なものです。ここまで網羅した文献は他にないでしょう。成人映画館ってエッチなのが見たいから行くところではなく、……まあそういう方の憩いの場所なんですね。強烈な内容なので覚悟を持って購入してください。現存するうちに怖いもの見たさで行ってみたいけどコレ読んだら怖くて行けません。

 


Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search