車は金融商品 よく考えて買いましょう

  • 2020.07.22 Wednesday
  • 02:12

人生で一番高価な買い物は1に家、2に車と言われます。でもお客様と話していると、あまり深く考えずに車を買っている人が多いと感じます。

 

よくある失敗例を挙げると、

 

世の中にどんな車があるかあまり知らない
「小さくて運転しやすい車がいいから軽自動車が良いかなぁ」小さい車をお探しなら軽自動車ではないですがコレなんかどうでしょう?

ルノー トゥインゴ

メルセデスと共同開発したプラットフォームに、F1にも参戦しているルノーのエンジンを、ポルシェ911と同じRRレイアウトに搭載したという、文字におこすと凄い車です。しかも可愛くてお洒落。

 

フィアット500

情熱的なイタリアの世界観を感じられる熱いコンパクトカーです。内装がメッチャ良いですね。2代目はカリオストロの城でルパンが乗ってたので皆さんもご存知でしょう。

 

「嫁さんに子供もいるしスライドドアの車が欲しいって言われた」それならコレです。
ルノー カングー

フランスでは郵便配達など業務車両として使われているので実用性と丈夫さは折り紙付き。それでいて国産ミニバンみたいに生活感丸出しでない良いデザインです。前述のトゥインゴしかり、最近のルノーのデザインはホント良いですね。

 

何百万円もする買い物なんだから、何となくとか、知り合いが車屋だからとかではなく、本を読むなり、ネットで調べるなり、今ならYoutubeでも簡単に色々な情報が得られますから、時間をかけて勉強してから選ぶべきです。

 

 

理由なく新車にこだわる
そんなに車に興味がない人に限って、やたらと新車にこだわる人が多いです。理由を聞いても「中古車はなんか嫌」と、特に理由がない場合がほとんどです。お金持ちでも新車をバンバン乗り換える人なんて実際はとても稀で、身近の「あの人、良い車乗ってるね」という一見リッチな人は実は案外上手に中古車を買ってたりします。頻繁に車を乗り換えている人は3年落ちを買って2年間ほど乗って車検前に売っちゃう、というパターンが多いですかね?それでも登録にかかわる諸経費とか考えると車はやはり凄く高価な趣味です。ベンツのGクラスとかはリセールが凄く良かったり、フェラーリの一部のモデルは数十年後に価格が上がったりするので新車で買うのもアリですが、庶民には到底手が出せません。金が無いなら頭を使え!ってことです。

 

車は買ってすぐにドンと大きく価値が下がります。そこからは走行距離や状態にもよりますが徐々に値が下がって、10年を超えると人気車種でないかぎり買取不可となる場合がほとんどです。新車で買うとリセールの下落幅が大きいので

(車体購入価格−売れた金額)÷乗った年数=年間車体代金コスト

あたりの金額も大きくなってしまいます。車を金融商品として考えると新車の購入は非常にコスト割高になります。

 

それに経済的理由だけでなく、中古車を選択肢に入れると同じ予算でも選択の幅がグンと広がります。

 

騙されたと思って一度ディラー認定の中古車屋さんをのぞいてみてください。接客もアフターサービスも新車で購入するのと同じです。置いてある車種も様々で新車と見紛うほどピカピカのものばかりです。

 

 

ワタクシの愛車、BMW 118iも正規ディーラーの認定中古車を買いました。

2代目後期型からヘッドライトとテールランプが横基調のデザインに変更され全体のバランスが良くなりました。プレスラインがドアハンドルの上をピシッと通り、スッキリとしたコンサバティブなBMWらしいデザインです。


最近流行りのSUVもイイなぁとは思うけど、自分で所有するとなると車高が低くてスポーティーな車が良い。それでいて釣りに行ったり、犬を載せたりすることが多いので、Tシャツ&短パンでも様になるカジュアルなBMWとなると1シリーズがバッチリ。

 

エンジンはディーゼルのほうが新車価格も中古相場も高いです。でも個人的にディーゼル特有のガラガラした音が好きでなく、高回転まで回せるガソリンエンジンが好き。

 

ボディカラーは白黒が人気ですが、白は上品過ぎるし、黒は洗車が大変。グレーは戦闘機みたいで、シンプルでカタマリ感のあるBMWのデザインにマッチします。最近のトレンドカラーでもあるしカッコいい。

 

自分としては理想にピッタリの車ですが、リセールの悪いBMWの、不人気車種の、不人気グレードの、不人気カラー、と中古価格安くなる条件がバッチリ揃った我が愛車。それでいて正規ディーラーの認定中古車で、4年落ちとはいえ走行距離はたったの1.1万キロ。5年間の延長メンテナンスパッケージも付いていていたので、時間と手間の掛かる面倒くさい初期不良(が実際あったのかどうかは知りませんが)の対処は前オーナーが済ませていてくれて、次の車検でもメンテナンスパッケージが利用できるので車検代も少し安くなります。

 

言わば慣らし運転が済んだアフターサービスもバッチリの車で購入価格はたったの120万円です。諸経費込みでも150万を切りました。最初にドアを開けた時は新車の匂いがするし、内外装を見まわしてもどこにも傷も無いし、エンジンルームは埃も付いてなくピピカピカ。「ホントこれ乗ってたの!?」って思ったほど状態は極上でした。そのうえ5年延長メンテナンスパッケージ付きでホイールコーティングもしてあるし、それを4年1.1万キロで売っちゃうなんて。金持ちの考えることはよう分らんなぁ……。200万円以上得した気分です。この車には車検サイクルを考慮すると9年で乗り潰すつもりなので年間コストは13.3万円ですね。

 

ちなみにBMWのリセールが悪い理由はコレです。
BMW日本法人についに公取委が立ち入り検査(東洋経済)
ドイツ御三家だと今はアウディが一番リセールが良いです。世界最大の自動車マーケットの中国でも人気あるしね。

 

庶民でも手が届きそうな高級車ほど、買ってはみたもののあまり乗っていない極上の玉が関東・関西にゴロゴロ転がっていますから、カーセンサーとかGooをこまめにチェックしておくと良いですよ。

 

生活を圧迫しない車の購入価格は世帯収入の1/3です。お客さんに聞いてもオーバーしちゃっている人の多いこと!

3年落ちの中古車買って、浮いたお金で家族で旅行でも行ったほうが人生豊かだと思いません?ぜひ一度考えてみてください。で、余ったお金でウチに飲みに来てください。

 

 

あるいは車を買い替える前に今一度、愛車をドレスアップしてみるのも良い考えです。

こういう内装の加飾アイテムはコストのわりに効果的なのでお勧めです。Amazonなら様々な車種のドレスアップパーツがすぐに見付かります。BMW 118iも驚くほど内装がチープだったのですが、何点か加飾したら良い感じになりました。

 

お金の勉強

  • 2020.07.07 Tuesday
  • 11:37

コロナ禍で投資を始めた人が多いそうです。10年に一度の暴落となれば「今がチャンス!」と思うのも当然でしょう。

 

しかし、SBI証券が発表している「初めて買った銘柄ランキング」を見てみると、色々と面白いものが見えてきます。

最も参入者が多かったであろう4月のランキングは、

 

1位 日本航空 & 2位 ANAホールディングス

大打撃を食らった航空株のリターンを狙ったのでしょうが、そもそも航空業界はLCCなど新興勢力の台頭で競争が激化していて、長期で見ても株価は右肩下がり。株価の戻りもまだまだ時間が掛かりそうなので、投資効率を考えるとあまり良い選択とは言えません。

 

3位 三菱フィナンシャルグループ

高配当狙いで買ったのでしょうが、配当高くても株価下がったらどうするの?会社は規模も大きく盤石ですが、雰囲気と思惑で上下する株価は実態とは別物です。基本的に高配当の銘柄は中長期的に株価が下がるリスクも高いです。

 

4位 & 7位 & 10位 原油ETF

ギャンブルですね。

 

5位 オリックス

三菱同様、高配当狙い。こっちは悪くないかも?

 

6位 アンジェス

コロナのワクチン開発に期待しているのでしょう。過去に何ひとつ実績を出していないのに株価だけは上がる不思議な企業。投資家界隈ではバイオ企業ではなく株券印刷屋と呼ばれています。株価はコロナの底から短期間で最大5倍強まで上がっているので投機としては成功です。ただし、こんな銘柄に手を出すのは投機であって投資とは呼べません。ギャンブルと一緒です。今回もほぼ間違いなく実績出ないでしょうから逃げるならお早めに。IR芸だけで一喜一憂するマネーゲーム銘柄です。

 

8位 JR東

損切をお勧めします。

 

9位 オリエンタルランド

みんな大好きディズニーですね。大好きなら長く持っていればいいと思います。チャートも悪くないし、株主優待で無料でディズニーランド行けますね。

 

 

というわけでまともな投資と呼べる銘柄は選ばれていません。投資というのは20年、30年のちに世の中の経済成長に合わせて自分の資産を上手に増やせているかが重要であって、今月どうだった、今日どうだったということは、あまり意味がありません。短期的な利益は短期的な損失に代わるリスクが高いからです。

 

目下、お金の勉強中のウチの大学生の息子のポートフォリオをお見せしましょう。

銘柄の選定には僕が助言を与えましたが、最終判断は自分で行っています。

1,2回銘柄の入れ替えと、買い増しをしただけで、基本的にほったらかしです。1年と1ヶ月でリターン30%を超えました。投資額が少ないゆえに集中投資で大きなリターンが生まれました。このまま40年いけばウォーレン・バフェットもビックリですが、そんなに上手くいくわけはありません。

 

勉強なので毎日成績をチェックして、上がった理由、下がった理由を自分で調べるように言っています。投資額が少ないうちに10年に一度の大暴落を身をもって体験したことも良い経験になったことでしょう。このまま、あと一年ぐらい継続すれば、色々と身につくかと思います。で、自分で働きだして投資額が増えた時も冷静に正しい判断ができるように成長してくれることを願っています。

 

退職までの資産形成であったり、本業以外の収入を持つことによるリスク分散を目的としたり、まずは目的と目標を定めて、そこから逆算してベストな投資方法を構築していくことをお勧めします。投資額が増えれば、さらにリスクをペーパーアセットとハードアセットに分散してとか、資産運用と言ったほうがシックリきますね。

 

座学やスポーツと同様、投資も勉強と経験を積み重ねるほど上手になります。ただし、お金の勉強はほとんどの人が親からも誰からも教わったことがないと思います。そうなると自分で頑張るしかないですね。

まずはここから。

 

ポートワイン入荷しました/メアンドロ ファイネスト リザーブ

  • 2020.06.24 Wednesday
  • 23:52

ポートワイン入荷しました。

メアンドロ ファイネスト リザーブ 当店では初入荷です。

 

キンタ・ド・ヴァレ・ミアオは世界のトップ100ワインで4位になったこともあるポルトガルの名門ワイナリー。ロバート・パーカーもヴァレ・ミアオのワインには高い評価を点けています。そんな優れたワイナリーが作っているポートワインが初お目見えです。

 

ファイネスト リザーブは熟成期間が平均4年と若いだけあって、軽やかでサッパリとして甘さ控えめでとても飲みやすいポートワインに仕上がっています。価格もお手頃なのでお気軽にお試しください。

 

一流のレストランや和食屋さんのデザートは素晴らしいのですが、たまには気分を変えてデザートにポートワインなんてのも粋な大人の嗜みですね。いい感じに熟成したカマンベールチーズなんかと合わすと最高ですが、現在当店はスモークチーズやあまり香りの強くないものなど、ウイスキー向きのチーズしか置いていません。ご了承ください。持ち込みはOKです。持ち込み料は切ってお皿に盛る手間賃だけいただきます。

 

EPA(経済連携協定)でチーズが安くなるかと思いきや、関税引き下げは段階的らしく、完全撤廃は16年後だそうです。生鮮食品なので国内で造るのが最適ですが、フランスと日本だと文化背景や消費量に大きな差があるのでなかなか難しいでしょうね。消費量は世界一のフランスの10分の1以下だそうです。

 

 

 

最近、アパレル系のお客さんと「ロレックス高くなったよね〜」なんて話をしていたら、ふと気になって一番高いバッグをAmazonで調べてみました。予想どおりエルメスのバーキンですが、

価格は、な、な、なんと1060万円!!!販売元は青山のルージュ・ブランというエルメス専門店なので適正価格なのでしょう。それにしてもエリートサラリーマンの給料1年分をお手てにぶら下げて歩くなんて……。

上のリンクをたどってご購入いただければ、㊙%の紹介料が入るので僕メッチャ嬉しいです。

 

僕も男子のご多忙にもれず、嫁さんにバッグをプレゼントしたことがあるのですが、

上のバーキン1個で3000個買えます。アネロはホント街でよく見かけますね。バッグ界の空前の大ヒット商品だそうです。

トリコロールカラーは洒落ていて色々なファッションに合わせやすいし、アネロの特徴の大きな口金のおかげで使い勝手も良いみたいで毎日仕事につかっています。安上がりな嫁で大助かりです。

 


Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search