テスラ買いませんか?

  • 2020.01.24 Friday
  • 02:00

数日前から我が家のメインクレジットカードが突然使えなくなりました。限度額に達しているわけでもないし引き落としもキチンとされているし、何でだろう?と思いカスタマーセンターに連絡してみると、なんとカード情報がハッキングされてフランスのホテルで不正利用されていました。

最初の12万円の決済はそのまま通ったものの、その後は不審を感知したマスターカードがストップを掛けてくれて犯人も使えなかったようです。保証対象なので僕は不正利用分を支払う必要はなく実害は無かったのですが、再発行でカード番号が変更になるため10日ほどカードを使えなくなるし、ショッピングサイトや携帯電話、電気会社など各所への再登録が面倒臭い。

オンラインでは思い出せる限りアマゾンや楽天などの安全な大手サイト以外では使った記憶がないし、実店舗でもここ数年は怪しいところで使っていない。日頃からセキュリティーにはかなり気を配っているほうですが、まさか我が身にこんなことが起こるとは!

キャッシュレス社会へと移行する中、クレジットカードを利用する機会が増えればそれだけリスクも増すわけですから、皆さんもセキュリティー設定の見直しと毎月の明細の確認をしっかりするようにお気をつけください。


 

記録的な暖冬も、急に冷え込んでようやく冬らしくなってきました。

寒くなるとバーで何が変わるかと言うと客足が遠のきます。寒かったり雨が降ったりすれば出歩くのが億劫になりますから。1月と2月が1年で最も暇なのは毎年のことです。次の支払日まで綱渡りのような気持ちで日々を過ごしていますが、唯一の心の支えはテスラ株。昨年秋の好決算以降、中国工場での生産開始、ドイツ工場建設決定など良いニュースが続き、株価はわずか3ヶ月の間に倍以上に急高騰。ちょっと怖いぐらいのスピードで騰っていますが、もうすぐ待望のモデルYの販売も控えており握った株を話さない握力が試される展開になっています。

 

お店でもお客様にテスラ モデル3をお薦めしています。

 

エンジンと違いモーターはスタートから最大トルクを発生させることが出来るので0-100km/h加速はランボルギーニに匹敵。重量物であるバッテリーを車体の低いところに設置できるのでエンジン車では真似できない低重心で運動性能はポルシェ級。硬いエンジンを積んでいないので衝突安全性能はメルセデス以上と、すべてが今までの常識を覆す車です。実際、ポルシェやメルセデスから優秀なエンジニアを引き抜いているそうです。

 

自動車がスマホのように常にオンライン状態にあるので、モデル3も発売当初は自動ワイパーの動きがイマイチだったそうですが、ドライバーの手動でのワイパーの使い方をトラッキングしてデーターを集めてオンラインアップデートで自動ワイパーが改善されたそうです。凄くないですか?こういう細かい使い勝手や不具合もしばらく待てばアップデートで改善されます。

 

しかも完全自動運転対応のハードウェアがすでに搭載されているので、いずれ法律の認可が下りればすぐにオンラインで機能がアクティベートされて優雅にお弁当食べながら移動できるようになります。

 

辛口でおなじみのEV嫌いの清水和夫さんもモデル3はべた褒めです。

動画は全部で4本あります。雑誌と違ってスポンサーの忖度なしでお送りしています。必見です。

 

RICKY PANDAさんはさんざん色々な車を乗り継いできて今ではテスラ専門チャンネルを開設するほど。

 

いたずら好きな方にもお薦めですよ

 

気になった方はぜひテスラ調べてみてください。最新のモデル3は絶賛の嵐です。500万円は一般庶民には少々お高いですが、燃費はガソリンの半分、エンジン無いからオイル交換の必要も無し、回生ブレーキなのでブレーキパッドも減らない。5年乗っても交換するのはタイヤぐらいだそうです。エコカー減税100%適用だしランニングコストは安いし長い目で見ればトータルで安くなります。新車でCクラスや3シリーズを買おうと思っている人で自宅に充電設備が設置できる環境があれば購入を検討する価値有りです。同時にいっぱい株も買っておけば数年後には車体代金ぐらい利益が出るかも?

 

こちらからすぐにご購入できます。

https://www.tesla.com/ja_jp

色選んでグレード選んで名前や住所などを入力して「購入する」ボタンを押せば数日後に家まで車が届きます。ディーラーまで足運んで面倒なやり取りをする必要なし。スマホだけで車買える時代です。

 

そしてモデル3を買った方、将来手放すときが来たらぜひご一報ください。下取りや車屋に売る価格よりは高値で買い取ります(それが目的かい)。

内装は極限までシンプル。全てが先進的です。

 

スコッチウイスキーとバーボンウイスキーの違い

  • 2020.01.21 Tuesday
  • 20:42

けっこう長いこと酒飲んでる人でも案外分かっていないのがスコッチウイスキーとバーボンウイスキーの違い。「スコッチは大麦が原料でバーボンはトウモロコシでしょ」とまでは知っている人もいますが、では何でそんなことになったか説明できる人はなかなかいません。今日はそこらへんの話を簡単にしてみましょう。

 

そもそもウイスキーとは?

々鯤を原料とした

⊂留酒であり

Cで熟成したもの

です。

 

ブランデーは琥珀色の見た目は一緒ですがフルーツが原料なので,乏催しません。ビールは原料は麦ですが醸造酒なので△乏催しません。ワインや日本酒は説明しなくても分かりますよね。ジンやウオツカは穀物を原料とした蒸留酒ですが(稀に例外有り)樽で熟成しないのでに該当しません。

じゃあ熟成させたウオツカや麦焼酎はウイスキーとは呼べないのか?ラムの原料のサトウキビだってイネ科の植物だから穀物じゃないの?という突っ込んだ質問は専門の学者さんか研究家に聞いてみてください。僕も分かりません。とりあえず上記の3定義を覚えておけば充分です。定義や法律なんてものは国によって微妙に違いますし、誰かさんの都合が良いように後付されるものなので大まかに覚えておけば大丈夫です。

 

学校で習ったとおりアメリカという国は1492年にコロンブスが発見して以来、ヨーロッパ各地からの移植によって出来上がった新しい国です。で、まあ人が移動すれば文化文明も移動し、当然ウイスキー造りの知識技術もスコットランド人やアイルランド人と一緒に移動したわけですが、

 

「今日も一生懸命働いたしウイスキーでも飲みたいなぁ。でも原料の大麦が手に入らないや。じゃあとりあえず今ある作物と機材で作ろうか」

 

てことになるわけです。で、200年以上の間に様々な技術革新や研究、法律とのイタチごっこを経て出来上がったのが今のバーボンウイスキーというわけです。これがスコッチウイスキーとバーボンウイスキーが原料も製法も違う理由です。

 

大英帝国時代に強く影響を受けたインド、オーストラリア、ニュージーランドなどでは古くからウイスキーが作られています。ガイアナ、バルバドス、トリニダード・トバゴなどカリブ海周辺ではサトウキビが身近だったのでラムになったのでしょう。

 

日本はNHKドラマ「マッサン」で描かれたとおり竹鶴政孝がスコットランドまで勉強に行って知識を持ち帰ってきたので、ウイスキー分布としては比較的新しい飛び地です。

 

最近話題の台湾はまだ20年足らずの新しい飛び地です。

 

あまり知られていない所だと、ドーバー海峡を挟んでイギリスと至近であるフランスのノルマンディー地方でも早くからウイスキーは作られています。カナダのノバスコシアにも蒸溜所がありますし、イタリアにも蒸溜所があります。意外な所だとバリ島にも蒸溜所があります。その他にも今や世界中にたくさんの蒸溜所がありウイスキーが作られています。

 

まさに人が移動すれば文化文明も移動する。そして時代とともに情報の伝播は広く速くなり、コロンブスは命懸けで、マッサンは船で数カ月、今や日本からイギリスまで飛行機で12時間ほどです。そして技術革新によって今まではウイスキーづくりに適さなかった土地でもウイスキーが作れるようになっているのです。

 

上記の新しい蒸溜所はスコッチタイプのウイスキーを作っているのに、なぜか北米大陸だけ大きく形が変わり固定化したのは歴史的なタイミングや文化的なものなのでしょうか。興味深いですね。そんな不思議に思いを馳せながらバーボンを飲むとより一層味わい深く楽しめます。

 

新年はユニクロ詣でしてました

  • 2020.01.15 Wednesday
  • 21:05

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。

 

今年はいかんせん年始の休みが長すぎるので10数年ぶりに真面目に2日から営業していました。年末ジャンボも外れたしねぇ……。若い方に来店していただき売上もまずまずで良かったのですが、やはり2日から働くのは精神的にちょっとキます。海外ではほとんどの国で2日からは通常運転だし、まして西洋文化であるバーをやってるならなおさら当たり前のように2日から働くべきですが、とは言え日本人としては正月3が日ぐらいは休みたいなぁ。来年はどうしようかなぁ。


 

短い休みは元旦から珍しくイオンモールへ初売りの様子を見に行ってきました。主にユニクロとザラを観察。というのも、年末からYoutubeのMBチャンネルにハマって只今数年ぶりにファッションの猛勉強中なのです。MBさんは何年も前からブログも見ていたし、漫画「服を着るならこんなふうに」も読んだので知ってはいたのですが、動画で見ると分かりやすいし説得力が増しますね。書籍は海外でも売れてるそうだしファッション界のコンマリとして世界で活躍するでしょう。

まずはこの動画がおすすめです。ファッションを理論で理解できるはずです。ビールっ腹のオジサンならYラインです。他の動画もどれも勉強になりますよ。

 

年末年始などは普段はスーツを着ているお客さんのオフのファッションを見る機会が多いのですが、この人お洒落だなって人は少ないものです。オジサンっぽいか大学生っぽいか。顔のしわが増えたらせめて服はしわのないハリとツヤのある生地を着ないと。若い子と同じ格好しても違和感がハンパないだけ。年相応のお洒落というものがあるのです。

 

何着持ってても困らないようなベーシックなアイテムならユニクロで充分、と言うより中途半端なものを買うぐらいなら今やユニクロがおすすめです。案外お洒落な人ほどユニクロを上手く取り入れてます。ユニクロ+αのバランスで高見えさせるのが肝ですね。

経済に詳しい人なら数の理論でユニクロが低価格で高品質な商品を作れる理由はご理解しているでしょう。他社にくらべておよそ1/3ぐらいの価格で同品質の商品を販売しています。今や世界ではハイブランドとファストファッションに2極化しているそうです。昨年ニュースにもなっていましたが、いよいよその波が日本にも押し寄せてきて日本国内の中価格帯のブランドを抱える大手メーカーが大量閉店している現状は必然なのです。1ロットで1億着とか作られたら勝負になりません。

 

個人的なお気に入りはスーピマコットンのニット。オジサンになるとTシャツはだらしなく見えちゃいますが、リブ付きのニットなら品よく見えます。質感も着心地も良いし洗濯機でガンガン洗えるのでウールより気軽に着られるのがグッド。

 

あとはスリムフィットのチノパン。ポリウレタンが混紡されているので程よくストレッチが効くうえに発色がよく色落ちが少ないです。黒、グレー、ダークグリーンは人生の必須アイテムです。

 

デニムもマニアでも無ければユニクロ最強。チノパン同様に程よいストレッチで履き心地最高。こちらもスリムフィットのブルーとグレーを持っています。この2本でたいてい事足りますし、定番の形なので流行に左右されず言葉どおり破れるまで使えます。

 

上記3アイテムは誰が着ても自然に似合うはずです。マストバイですよ。

 

逆にアウター類は物は悪くないけど目立つアイテムなので「ユニ被り」が怖くて買えません。アウターは差別化を図るためにもある程度デザインの効いた良いものを買うほうが吉ですね。バブアーのキルティングジャケット、お薦めですよ。


 

とりあえず程好く細身の黒いパンツを足元にたるみが出ないように裾上げして1本買ってみてください。パンツが細くなるだけである程度全体がまとまります。黒いパンツと黒い靴の脚長効果でスタイルも隠せます。雰囲気がガラッと変わるはずです。


 

浮いた洋服代で飲みに来てください。

本年もよろしくお願いします。


Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search