カワイイ女子のジレンマとテキーラトニックの話

  • 2018.05.30 Wednesday
  • 10:07

テーマ:テキーラ!

 

 

ここ最近、釣りばっかりしていて街の動向が全く把握できていなかったので、嫁さんと二人で問屋町(岡山の郊外おしゃれスポット)でランチしてみたり、イオンモール(言わずとしれた地方経済のブラックホール)をブラブラ歩いてみたりしてみました。

 

まあ実態はたまには若くて美人の女性でも眺めて仕事でオジサンの顔ばかり見て濁りきった目の保養をするのが一番の目的だったのですが、結構広範囲をパトロールしてみたものの目に止まるような女性が全くいない。最初は「自分が歳とったせいかな?」とも思ったのですが、よくよく考察すると若い女性はカワイイ系ばかりでカッコいいやセクシーな女性がいなかったからだと気付きました。僕の暫定1位は中村アンなので。

 

日本女性にとって「カワイイ」がキラーワードになって何年経つでしょうか?もう結構長いことカワイイ、カワイイと言っている気がします。でもこれって高品質な男性を捕まえたいなら逆効果なんですよね。

 

 

仕事柄、多種多様な人と話をしますが、経営者や社会的ステータスの高い職種の人、仕事ができるサラリーマンに共通するのは、奥さんが、

・知的

・品がある

場合がほとんどです。(恋人は一時の関係って場合もあるので例外もあり)

 

カワイイ系を好むのは自分が優位に立ちたいあまりパッとしない男性が多いような気がします。頑張って女子力アップしてるのにロクな男が寄ってこない。心当たりありませんか?それは貴女の戦略とターゲットがミスマッチしているからです。

 

デキる男性は自分にとって仕事や対人関係などの重要なこと以外はなるべくパートナーにサポートしてもらいたかったり、会話にしても「友達の〇〇ちゃんがね〜」とかどうでもよい話よりは知的な話がしたかったり、外食時にメニューを選ぶにしても「分かんないからタカシ君が決めて〜」なんて思考停止されると面倒臭くなってすっかり興ざめです。

 

手前味噌ですが、ウチの奥さんは外食にでかけたら「メインを肉料理にするならオードブルはコレよりコッチよね」と飲食業に従事する僕以上に食材被りを気にします。心の中で「お前は孤独のグルメの井之頭五郎か!」と突っ込んでいますが、まったくもって頼もしいかぎりです。

 

カワイイ系は男のレベルを落とすだけ。高品質な男性を狙いたいならご自分の戦略を考え直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

バーテンダーが提案するカッコイイ女子にピッタリのカクテルは

ずばりテキーラトニックです。

 

テキーラはメキシコのみで造られる写真のアガベ(竜舌蘭)から取ったジュースを原料とした蒸留酒です。どことなくエキゾチックでなんとなくセクシーな夏にピッタリのラテンな酒。

 

材料はテキーラ、ライム、トニックウォーター。塩でグラスの縁をスノースタイルにするのも良いですね。アルコール度数は10%前後です。

ジントニックではありきたり過ぎ。ウオツカトニックも悪くないけど……まだありきたりか。そこでテキーラトニックならオーダーを受けたバーテンダーでも「ん!?この人デキる……かも?」って思ってしまいます。テキーラはライム&トニックウォーターとの相性も抜群。なんならジンより良いんじゃないかと個人的には思います。「おまかせでさっぱりした軽いの」よりはテキーラトニックとビシッとオーダーしたほうが約250倍はカッコイイです。バーテンダーもお連れのデキる男性も隣で飲んでる人も満場一致で納得のカッコいいオーダーです。そして世界中どこのバーでもオーダー可能。

もちろん男性にとってもクールでカッコいいカクテルですから一度オーダーしてみてください。

 

 

 

ちなみにTVドラマで米倉涼子や篠原涼子、菜々緒なんかが演じる、よくある設定の男勝りのデキる女性、あれは99.99%の男性はドン引きですから真似しないほうが得策です。リアル「あの手」の女性は独身貴族長期継続中か蛭子能収さんみたいなおとなしい旦那さんがいるかどちらかです。あくまで当店の狭い範囲での調査結果ですが。

あれはあくまでドラマの主役ですからね。綺麗な言葉使いで品よくお願いします。

 

雑誌ならOggi,Domani,Precious系がデキる男性のパートナーのイメージにぴったりですかね。

 

 

 

世代別って感じ?ご参考までに。

 

最先端クラフトバーボンを飲みましょう

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 03:37

テーマ:ウイスキー

 

 

「こいつは春から縁起がいい」

 

とは歌舞伎の名台詞だそうですが、こちとら春から縁起も景気も運もなかなか最悪です。

この人は素敵だなぁと思う人にかぎって、3月いっぱいで転勤で岡山から居なくなったり、ワシもいよいよ歳でボケてきたからと岡山を去ったり。おかげさまで売上は低空飛行を続けております。

 

個人的な資産運用の方は、厳選に厳選を重ねて新興個別株を買い付けて世界的に厳しかった2018 Q1を驚異の+13%で乗り切っていたのに、4月に入ってから手持ち銘柄2つが好決算後の売り浴びせを仕掛けられて+13%が綺麗にゼロになりました。ホント利益が綺麗にゼロ。まあマイナスまでいかなかったからマシか……、と自分を慰める毎日です。マザーズ怖い。

そんななか最近、剛力彩芽可愛くなったなぁと思ってたら恋愛発覚。彼氏の会社の株は僕が買ったら下がりはじめて売ったら上がり始めるっていうね……。まあまあ損したぞ。不平等ですが金も女も負け組から勝ち組への一方通行です。

 

閑話休題。

 

 

 

さて、巷ではクラフトブーム真っ盛りです。

 

地ビール工場と言われていたところがクラフトブリュワリーに呼び名が変わり大成功。今まで大手がいくら頑張っても売れなかったエールビールがやっと日本でも市民権を得て喜ばしいかぎりです。

 

クラフトジンも世界的に流行中です。国内でも日本人ならではの繊細な作りの素晴らしいジンがいっぱい。繊細すぎて氷を入れただけでバランスが崩れるような美味しいジンが出てきているのに、なぜかジン、ジン言う人はカクテルで飲みたがる。ジンストって死語ですかね?クラフトジンはストレートが一番美味いかもです。

そうそう、スピリッツならクラフトラムもジワジワきてますね。

 

ハイボールブームで盛り上がってはいたものの「ハイボールなんてガキの飲み物」とマツコ・デラックスに言われ、頑固者のバーテンダーには「ハイボールはウイスキーじゃなくてカクテルですよ」と言われ(僕じゃないですよ)、「私はハイボールは飲みませんけどね」とウイスキー界の権威である土屋守氏もセミナーで言われておりました。ウイスキーの復興を願ってはいたもののハイボールじゃ駄目なんだと日々悩ましく仕事していたらマッサンブームで国産ウイスキーが大ブレイク。マイクロディスティラリーで造られるクラフトウイスキーもこれからいっぱいリリースされることでしょう。これを機にガキなハイボールが駆逐されれば正統ウイスキー業界としては喜ばしいことです。って私の兄が言っていました。

 

これらのクラフトブームがここ4~5年の話ですが、それより少し前に起こったのがクラフトバーボンのブームです。

今まではバーボンウイスキーのほとんどは大手7,8社で造られていました。「嘘!バーボンだっていっぱい銘柄あるじゃん」と思うかもしれませんが、そこは自由と圧倒的世界一の経済を誇るアメリカ。200年を超えるバーボンの歴史の間に買収・合併を繰り返し、巨大蒸溜所がたくさんのブランドを作りわけているのです。さすが合理主義の国です。

長く続いた固定した状況が変わったのが2010年ごろ。両手で足るほどだった蒸溜所の数も今や軽く200オーバー。

 

いよいよバーボンの時代再来かとワクワクしながら待ち望んでいたのですが、待てど暮らせど岡山という地方都市には一向に流れが来ない。待っていても埒が明かないので飲めないなら自分で買っちゃえということで、まずはクラフトバーボンを2本購入しました。

 

TOWN BRANCH BOURBON

バーボンの本場ケンタッキー州レキシントンでビールを造っていたブリュワリーが2012年からウイスキー造りに着手。マッシュビル(原料比率)はコーンが72%と高めで甘く円やか。単式蒸留機を使用しているせいかマイルドながら奥深い味わいです。

 

 

KINGS COUNTY PEATED 

ニューヨーク州ロングアイランドのブルックリンに位置するキングス カウンティー蒸溜所。今回入荷したのはピーテッド。原料にピーテッド麦芽を使用し個性的な風味を作り出しています。一言で例えるならラガブーリン16年とバーボンのミックス。甘く濃厚で他に類を見ない香りと重厚な味わいはまさに世界一の大都市で造られるウイスキーです。

 

群雄割拠のクラフトバーボン。さすがに盛り上がりすぎて有象無象の状態で、これから淘汰される蒸溜所も多いでしょうが、ブランディングやマーケティング、製法や製品自体も凄く自由で面白い。さすが世界一の遊び大国アメリカです。

世界最先端のウイスキー事情に触れたいのならクラフトバーボンは要チェックです。

 

 

今日からお店のメニューのお薦めページにはインド産シングルモルトを記載しています。

インドもこれから世界的なウイスキーに産地になること間違いなし。こちらも要チェックです。

 

全ての喫煙者に送る!ヴェポライザーの衝撃!

  • 2018.03.08 Thursday
  • 10:26

テーマ:タバコ

 

 

受動喫煙対策法案がグズグズな形で国会を通過しそうです。店の広さがどうだとか、資本金がどうだとか、結局大半の飲食店で喫煙OKというわけです。規制に例外を設けるとそれが抜け穴になったり不公平になったり、結果的には誰も得しないということは明らか。言い出したは良いが結果はグズグズの過去の様々な規制と同じ道を辿ることでしょう。

 

僕も愛煙家ですが今や喫煙者の割合は20%以下なわけだし、資本主義の原則に沿えば非喫煙者の権利が優先されるべきなはずです。誰も吸うなとは言っていません。非喫煙者の意見は自宅なり他人に迷惑がかからない場所なり、ちゃんとルールを守って吸ってくださいねと優しく譲渡してくれているのに、一部のヘビースモーカー老害政治家の意見がまかり通った形になってしまいました。民意が反映されないならこんな国、いっそのこと独裁主義に変えちゃえば?

 

国際的にはどうかと云いますと、知っている限りいまや僕が旅行で行くような一般的な国(ヨーロッパ、アジア)ではどこも屋内はNG。空港、ホテル、飲食店でも喫煙所すらありません。じゃあ何処で吸うかというと国によって差はありますが屋外はおおかたOK。ただし歩きタバコはNGとか灰皿が設置された場所ならOKとか。

スコットランドのパブには入口の脇に灰皿が設置してあって、タバコ吸いたくなったら一旦外へ出て一服しています。ただしこのやり方だと、会計システムの違いや、ビルの上に飲食店が多かったり、酔っぱらい民度の低い日本では食い逃げ飲み逃げが多発しそうですが。

 

_案眩缶牟惘譟焚鮎紊阿蕕いOKにしましょうか)
屋外でも人の多いところはNG、歩きタバコ、ポイ捨ては見つかり次第罰則1万円(立ち止まって携帯灰皿持ってりゃOK)

 

これぐらいシンプルな規制なら分かりやすくて皆なルールを守ろうとするだろうし、だれか損することある?どうですか政治家の皆さん?

 

 

煙草なんて金は掛かるは、臭いは、体に悪いわ、百害あって一利無し。でもニコチン中毒だから止められない。

肩身の狭い喫煙者として

「そろそろアイコス買おうかな?でもあれはあれで臭いしなぁ・・・」

なんて悩んでいた所に見つけたのがコレ。

FENIXヴェポライザーです。

要はアイコス同様、加熱式の電子タバコなのですが、特徴は普通の紙巻きタバコはもちろん、巻きたばこの葉やパイプ用の葉にシーガーも、なんなら緑茶や紅茶の葉も吸えちゃいます。電子タバコというより電子パイプと言ったほうが正しいでしょう。

そしてこのFENIXは加熱方式が直接葉っぱを加熱するコンダクション式と違い、熱した空気を煙草の葉に通すコンベクション式なので、無駄なく葉全体から成分を抽出できるし、あの焦げ臭いアイコス臭さがありません。

 

間口が大きいので道具いらずで手だけで葉を詰められるのがグッド。毎度毎度のことなので使いやすさは重要。

Made in 深センだそうですが、Designed in カリフォルニアだそうで、今までスマホやドローンで中国製品のツメの甘さに悩まされ続けていた僕はユーザビリティに不満無し、それどころかよく考えてるなぁと感心することしきり。

 

 

ヴェポライザーのおかげで換気扇の下ではなく堂々とリビングのソファーに腰掛けて悠々と煙草を楽しんでいます。ヤニで部屋の壁が汚れる心配はありません。立ち上るのはタールたっぷりの煙ではなくただの水蒸気です。

臭くないので家族からも苦情は一切なし。それどころかほのかに香る煙草本来の甘い良い香りに感心しています。コレならホテルで吸っても問題無いでしょう。もちろんバーでも問題なし。さすがに食べ物屋さんでは止めたほうが賢明ですが。

 

紙巻たばこも吸えますが、手巻きタバコの葉を吸うと紙巻きタバコの質の低さと不味さに驚愕します。ケミカルチックで紙巻きは吸えない。ヴェポライザー買ったらまずは巻きたばこの葉をお薦めします。圧倒的に香りが良くて美味いです。

 

もともとは節約と健康が目的で買ったヴェポライザーですが、本来の煙草の味を知り色々と勉強中です。今は英国No.1アンバーリーフの濃厚で甘い香りに惚れています。次はパイプ用の葉にも挑戦する予定。

丁寧に解説してくれているHORICK TVさんの動画が分かりやすいです。

 

 

ヴェポライザーは色々なものが販売されていますが、愛煙家の中で一番評価が高いのが僕も持っているFENIX。

煙草本来の味わいを楽しみたいのなら迷わずFENIXをお薦めします。

 

こちらは携帯性を向上した改良版のmini。味についてはオリジナルFENIXのほうが評価は高いです。

 

僕が一番最初に買ったのは人気のHarb Stick Eco。コイツでヴェポライザーの可能性に気付き3日でFENIXを追加購入しました。

 

Harb StickならEco-Sのほうが味の評価は高いです。加熱部分がセラミック製で嫌な匂いが少ないのだとか。


 

ランニングコストは吸う葉によりますが、僕の場合は紙巻き時代の1/3ぐらいです。

安くなって美味しくなって気兼ねなく吸えるのだから良いことづくめ。紙巻き派、アイコス派、なんなら非喫煙者でたまにシガーを吸うのは好きという方にもお薦めしたいです。

 

20数年間、今までの自分はJTによって作り上げられたただのニコチン中毒者でした。今では新たな趣味として本当の煙草の深遠なる世界を楽しんでいます。


Selected Entry



マスター推薦 酒の本





Archive


Profile



Link


Search